> TOP neruco Note ロフトベッドのメリット&デメリット徹底調査!後悔のない選び方

ロフトベッドのメリット&デメリット徹底調査!後悔のない選び方

公開日:

kawase

13,563 views

狭い部屋にベッドを設置しようと思った時、スペースを上手に使おうとしてロフトベッドを選択肢に上げる人は少なくありません。
普通のベッドよりも隠れ家感のある見た目に憧れる人、縦のスペースを活用して部屋の狭さをカバーしようと思う人などロフトベッドに期待することは色々あるかもしれませんが、よく考えずに決めてしまうと後悔することもあります。
ベッドは部屋の中に占める割合は大きいですが、ロフトベッドの場合はさらに大きくなるので失敗したと思っても簡単に買い替えることはできません。
ここでは、購入前にきちんと考えておきたいロフトベッドのメリット、デメリットと後悔しない選び方についてお伝えしています。

ロフトベッドとは


ロフトベッドとは高い部分にベッドを設置することで、ベッド下にデスクや収納家具などを置くスペースが確保できるベッドのことです。
脚部が長くなっているのでベッドに上るための階段やはしごがついており、見た目は二段ベッドの上部だけのようにも見えます。
使用する部屋の広さや天井の高さ、ベッド下に設置したい家具などに合わせて選ぶことができ、狭い部屋を有効活用できるベッドとして人気があります。

ロフトベッドのメリット

ロフトベッドの購入を考える時にメリットはいくつも浮かんでくるという人は多いでしょう。
確かに欲しいものの良いところを考えるのは簡単ですが、必要以上に良さを考えるのではなくそのメリットが本当に自分にとって重要なのかを考えるのがおすすめです。
メリットよりも優先すべきことはないのかを冷静に考えることができれば、購入して後悔することもなくなりますし、選ぶ時に何を重要視すれば良いかが分かるのではないでしょうか。

<スペースの有効活用>


ロフトベッドの床板下に収納家具を置いたりソファやデスクを置いたりできれば、家具のないスペースを作ることができてお部屋を広く見せられます。
天井が低く、ハイタイプのロフトベッドが置けなかったとしても、床板の下をデッドスペースにしないことで狭いお部屋にも、必要なインテリアを配置することができるので、スペースがないからと欲しい家具を諦める必要はなくなります。

<冬場は暖かい>


暖房で温まった空気は部屋の上の方にたまるので、ベッドに寝ている時に心地よい暖かさを感じることができます。
エアコン以外の暖房機は高さのあるロフトベッドから遠くなりますが、温まった空気がベッド周りを包んでくれるので寒い冬でも快適に眠れるでしょう。

<見た目がお洒落>


子供の頃に憧れていた秘密基地のようなデザイン、すっきりコンパクトにまとまったスタイリッシュなデザインなど、ロフトベッドにはデザイン性に優れたものも多くあります。
大きな面積を占めるインテリアとなるだけに絶対にデザインでは譲りたくないという人も、ロフトベッドのお洒落なデザインには満足できるはずです。

ロフトベッドのデメリット

ロフトベッドの床板は高い位置にあるのでお部屋での存在感は相当なものです。
狭いお部屋を有効に使えるからと設置したはずが、あまりにも存在感のあるベッドを前にして後悔するというケースも少なくありません。
メリットだけに目を向けるのではなく、自分の部屋に設置した時にどうなるのか具体的にイメージすること、デメリットを理解した上で考えましょう。

<窮屈さを感じることも>


ベッドの上にいる時には天井までの近さに窮屈さを感じるでしょうし、ベッドから降りた時には高さのあるロフトベッドに圧迫感を感じるでしょう。
レイアウトによっては照明や窓からの明かりが遮られてしまって暗くなり、余計に窮屈に思えるかもしれません。
圧迫感を感じにくいロータイプのロフトベッドもあるのでおすすめです。

<夏場は暑くなりやすい>


温められた空気が上に上ることで冬場は暖かくなりますが、夏場はそれが裏目に出て暑くなることもあります。
エアコンをつけていてもベッドの上は暑い場合は、サーキュレーターで空気を循環させるなどの対策を取れば問題を解決できるかもしれません。

<転落や布団の落下>

寝相が悪くて布団がベッドからずり落ちてしまう人、起きた時に体がベッドからはみ出ている人は注意が必要です。
高さのあるロフトベッドからの落下は危険ですし、布団を落としてしまった時にわざわざ拾いに行かなければならないのは面倒です。
ロフトベッドにはサイドガードが付いていますが、ロフトベッドへ敷くマットレスや布団の厚さによってはサイドガードが低く感じることがあります。
不安な方はロータイプのロフトベッドやサイドガードが高めのものを選ぶと良いでしょう。寝具を選ぶ際は薄型マットレスがおすすめです。

<ベッドメイクが面倒>


マットレスを使う場合、布団を使う場合のどちらでも高い位置でのベッドメイクは大変です。
はしごや階段の形状によっては体が不安定になりますし、冬物の厚手の布団をベッドに上げるのは思った以上に力仕事になるでしょう。

<上り下りが負担に感じる>


元気な時はそれほど負担に思わなくても、病気の時には途端にベッドに上がるのが大変、トイレのために降りるのが面倒と上り下りが嫌になることもあります。
低い位置にベッドがあれば、ただ寝転ぶだけなのに階段を上がってごろ寝をするのはめんどくさいと床でゴロゴロし始める人も少なくないそうです。

ロフトベッドの素材や高さは様々

ロフトベッドは床板の高さによって、ハイタイプ、ミドルタイプ、ロータイプに分けられますが、それ以外にも様々な違いがあります。
また、素材によって強度も変わってきますし、どんなタイプの階段かによって上り下りの際の負担も変わってくるので、色々と比べてみる必要があるでしょう。
素材や高さを選ぶ時は、好みだけでなく設置する部屋の広さや天井の高さ、使う人の体格なども検討材料になります。

<階段タイプorはしごタイプはどう選ぶ?>

・階段タイプ


ロフトベッドのデメリットであるベッドメイクの大変さ、上り下りの際の負担を軽減できるのが階段タイプです。足元に安定感があるので小さなお子様でも安心してお使いいただけます。はしごタイプと比べて階段がついているので、場所を取ってしまうのがデメリットです。

<階段付きでも省スペース!おすすめのロフトベッド>

省スペースながらもベッドへの上り下りが楽な階段仕様♪持ち手付きで上り下りも安定感があります。

充実した収納付き ハイタイプ木製ロフトベッド

高さ176cmで、充実した収納棚が付いたシステムベッドです。階段が収納を兼ねているのでスペースを無駄にすることもありません。

オープンシェルフ付きのロフトベッド Ashby(アシュビー)

ベッド下にマットレスを敷いて2段ベッド風にもできます。ベッドサイドのオープンラックには小物や本を飾るように収納できます。

・はしごタイプ


省スペースというロフトベッドのメリットを最大限に生かすなら、はしごタイプを選びましょう。設置位置が変えられるものなら、レイアウトも自由に選べます。

<天井高に合わせて選ぶベッドの高さ>

ロフトベッドの床板の高さは、天井高やベッド下の用途に合わせて選びましょう。
サイズを確認して、寝た時・起きた時の天井との距離も確認しておきましょう。

・ハイタイプ


ハイタイプはベッドの下にソファやデスクなども置けるほど床板が高い位置にあります。その分、天井からの距離は近くなってしまうので天井高に十分な余裕がないとベッドに座ることができず、体をずっとかがめていることになるので気をつけましょう。

・ミドルタイプ


ベッド下を収納に使いたいけれど天井の高さに余裕がない人はミドルタイプがおすすめです。圧迫感も程よく抑えることができ、ベッドへの上り下りもそれほど負担に感じないので使いやすいタイプと言えるでしょう。

・ロータイプ


小さいお子様やベッド下に収納家具程度が置ければよいという人はロータイプがおすすめです。お子様の見守りもしやすく、上り下りもしやすいので小学生のお子様向けにもおすすめです。

<ロフトベッドは木製かスチール製が主流>

ロフトベッドにはスチールか木材が使われていることが多く、素材によって耐久性や強度、価格に違いがあります。
高さ、デザイン、機能性、素材など、何を優先して選ぶかは人それぞれですが、どちらかというとスチール製の方がデザインが豊富、木製の方がやや少ないと言われています。

・木製


木製家具ならではの温もりが感じられるのが一番のメリットですが、価格が少し高くなることも多く、スチールに比べると部材が太くなりがちなので圧迫感があるかもしれません。

・スチール製


比較的、手ごろな価格で色々なデザインを選べるのがスチール製のロフトベッドです。細い部材でも強度を確保できるので、見た目をスッキリさせたい時にはスチール製がおすすめです。

システムベッドとロフトベッドは何が違う?


ロフトベッドは床板までの高さがあるベッド単体を指しますが、システムベッドはロフトベッドと収納家具、デスクなどがセットになったものを指します。
家具が最初からセットになっているので別々に購入するよりもサイズ選びの失敗がなく、統一感があるのでインテリア性にも優れたお部屋作りが簡単にできます。
必要なものだけを買い足していけるシステムベッドもあるので、お部屋の広さやすでにある家具との兼ね合いもあわせて検討してみましょう。

ベッド専門店ネルコがおすすめするロフトベッド・システムベッド7選

<ロフトベッド>

高さ160.5cmの棚付き木製ロフトベッド

お子様から大人まで使いやすいシンプルなデザイン、温もりのある木の質感がお部屋を彩ります。ヘッド部分だけでなくベッドのサイドにも棚が付いているので、飾る収納も楽しめます。

補強板付きの安心頑丈設計木製ロフトベッド

北欧産の天然木をふんだんに使用した、ぜいたくな木製ロフトベッドです。床面下スペースを確保しながらも高すぎないロータイプなので、狭いお部屋にも圧迫感なく設置できます。

チェストがセットになった収納ロフトベッド

ベッド床面下の収納力にこだわり、ぴったりサイズのチェストをセットにしたロフトベッドです。引き出しとオープンシェルフで見せる収納と隠す収納の使い分けが簡単にできます。

天然木とスチールの異素材の組み合わせがお洒落なロフトベッド

ミドルタイプなので上り下りがラクにでき、サイドガード付きなので布団の落下も防いでくれます。異素材コンビのビンテージ調デザインは、シンプルながらも存在感があり、インテリア性もバツグンです。

<システムベッド>

一台でお部屋が完成する充実機能のシステムベッド

ベッドにデスクとシェルフ、キャビネットがついたシステムベッド。子供部屋から一人暮らしのお部屋まで使えるシンプルなデザイン、自由に選べる家具のレイアウトなど、機能性も十分です。

ベッドと収納のカラーが選べる!デザインがおしゃれなシステムベッド

全16パターンの組み合わせから好きなカラーを選べます。セットのデスクや収納家具がベッド下に綺麗に収まり、すっきりとした統一感のある見た目を実現できます。

<ロフトベッドで快適に使えるおすすめマットレス>

床板の下に広い空間があるので、あまり湿気などを気にする必要はありませんが、ロフトベッドの場合はお手入れを考えてマットレスを選ばなければなりません。
軽くて薄いマットレスなら、高い位置のベッドに持ち上げるのもラクですし、ベッドメイクも簡単にできます。
ベッドガードをつけるのであればマットレスがガードを超えてしまわないよう、厚みを十分に考えて選んでください。

ロフトベッドを買うなら国内最大級のベッド通販サイトnerucoで!

狭い部屋やお部屋のスペースを有効利用したい方に、ロフトベッドがおすすめです。
ご紹介したようにロフトベッドでも様々なタイプがあり、それぞれに利点がありますので使用用途に合った商品を選んでください。
国内最大級のベッド通販専門店nerucoでは、50種類以上のすのこベッドを取り扱っております。
多くの商品から最適な商品を選んでいただけるよう、一つひとつに丁寧な解説をつけております。
ロフトベッドをご購入の方は、ぜひnerucoをご利用ください!

ロフトベッドの関連記事

関連商品

天然木 階段付きロフトベッド 便利なコンセント2口付 シングル ロフトベッド 木製 ベッド下収納

¥ 57,900(税込)

ロフトベッド ロータイプ ベッドフレーム シングル 木製 棚付き コンセント すのこ 安心頑丈設計 補強板付きのハシゴ

¥ 31,900(税込)

エディス ロフトベッド シングル アイアンベッド スチール×天然木・異素材コンビベッド ハイタイプ はしご

¥ 32,900(税込)

木製ロフトベッド ラルーチェ La luceフレンチカントリー調 木製ベッド ロータイプ シングル 棚コンセント2口付 フレームのみ 高さ抑えめミドルタイプ

¥ 36,900(税込)

システムベッド デスク付き 子供 Baum(バウム) 木製 ベッド、デスク、シェルフ、キャビネットがセット。眠る・収納する・勉強するがこの1台で揃います。

¥ 64,900(税込)

この記事を書いた人:kawase

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ