> TOP neruco Note 黒を使ってベッドルームをコーディネートするお洒落ベッド5選

2019.05.27
黒を使ってベッドルームをコーディネートするお洒落ベッド5選

kawase

503 views

インテリアに黒を使うと高級感のある落ち着いた空間作りができます。

お洒落でカッコ良い印象のお部屋作りができるのも黒を用いるメリットで、寝室に黒いベッドを設置すれば、すっきりシンプルでありながらも個性的なベッドルームになります。
ただし、ベッドはインテリアの中でも大きな面積を占めるので、素材やデザインによって同じ黒系のベッドでもお部屋の雰囲気は大きく変わるものです。
ここでは黒いベッドをどのように選べば理想通りの寝室に仕上がるのかおすすめの黒系ベッドの紹介と併せてご説明しましょう。

黒いベッドで寝室の印象はどう変わる?

ベッドを黒にすると寝室全体の雰囲気は、シックで上品な印象になりますが、黒の面積によっては圧迫感のある重い印象の寝室になってしまうこともあります。
それだけ黒の持つインパクトが強いということでもあるので、ベッドを黒にする時には他のインテリアや寝具とのコーディネートも大事です。
また、引き締まって見えるというメリットの反面で、お部屋が狭く見えることもあるのが黒いベッドの特徴ともいえます。

リラックスできる空間作りのためには窮屈さを感じさせないことも重要で、そのためには、黒いベッドで感じられるキリっとした雰囲気を生かしつつも、どこかで広がりを演出するといったコーディネートが必要になるでしょう。
フレームのデザインや素材によっても黒いベッドの存在感は大きく異なりますし、合わせる寝具の色やどんなインテリアを配置するかによっても寝室で過ごす時間の快適さが変わります。
黒いベッドを寝室のインテリアの主役にする際にはベッド単体で考えるのではなく、寝室をトータルでコーディネートするということが大切で、お洒落で居心地の良い寝室作りに欠かせないポイントとなります。

ベッドを黒系にする時の決め手は素材やデザイン

黒系ベッドの素材は天然木・スチール・レザーなど様々

ベッドに使われる素材には色々ありますが、代表的なものは天然木やスチール、レザーでしょう。

黒をベースにしたベッドでもこれらの素材は一般的ですが、素材それぞれの持つイメージがあるため、同じ黒系ベッドでも印象が違います。
ハードでカッコ良い寝室にはスチール製のベッドがぴったりですし、高級感のある印象にしたい時にはレザーベッドがおすすめです。
また、天然木をぜいたくに使ったベッドなら高級感のある進出を演出することもできます。
中には異素材を組み合わせたユニークなベッドもあり、同じ素材で統一した時とは一味違った印象を感じさせてくれるものもあります。

シンプルなスクエアフォルムや曲線的なデザインも

ヘッドボードもフットボードも付いていないスクエアなデザインは、手狭な部屋でも圧迫感なく設置でき、黒いベッドという印象が少し弱まります。
逆にマットレス全体を黒いフレームが覆うようなデザインの場合は、ベッドの存在感がかなり強くなるでしょう。
ただし、黒の部分が多くても曲線的なデザインなのか直線的なデザインなのかで、見た目の印象はかなり違ってきますし、寝室の中での存在感も異なったものになります。

黒系ベッドをお洒落にするカラーコーディネート

色の組み合わせで黒系ベッドをさらにお洒落に

黒はどんな色とでも合わせやすく、カラーコーディネートによって全く違う雰囲気にすることもできます。
ベッドも寝具も黒にすれば重厚感が出ますし、そこに白を少しプラスすればシックで上品に。
白の分量を多くすれば、黒いベッドでも圧迫感なく設置できるので手狭な寝室にもおすすめです。

カラフルな色の寝具でアクセントをつければ女性らしさのあるベッドルームにもなり、グレーなどの無彩色で統一すればクールで男性っぽさのあるベッドルームにもなるのが黒いベッドの良いところとも言えます。
ベッドも含めて家具を簡単に買い替えるのは難しいですが、寝具や寝室に置く小物で色をプラスすれば、理想的でお洒落な寝室が手軽に作れます。

暮らし方や寝室の広さに合わせた種類選び

フロアベッドや収納付きなど選択肢も色々

狭い寝室に黒いベッドを置くと狭く感じるという時は、収納付きのベッドを選んで家具を減らすのも一つの方法です。
またロフトベッドなら縦の空間を上手に利用できるので、寝室をすっきり見せながら、必要な家具を全て設置することもできます。
目線を遮らず開放感のあるロータイプのベッドや、フロアベッドも広々とした寝室作りにはぴったりで黒いベッドでもあまり窮屈さを感じないはずです。
ベッドのためにどのくらいのスペースを割けるのかを考えてベッドのタイプを選べば、黒いベッドでも寝室を狭く見せることなく、すっきりと見せられるでしょう。

寝室の雰囲気がガラリと変わるおすすめの黒系ベッド5選

レザーフロアベッド ダブル 税込59,800円

インテリアの主役にふさわしいモダンなフォルムが特徴のフロアベッド。
寝る前のひと時をヘッドボードにもたれてのんびりと過ごしたり、くつろぎながら読書を楽しむ場所にしたりできるのでリラックスタイムにもぴったり。

高級感のあるブラックのPVCレザーに、シルバーの脚でアクセントをつけたデザインもお洒落です。

ダブルハンガー カーテン付きシステムベッド シングル 税込39,800円

ベッド下を収納スペースとして有効に活用できるシステムベッド。
洋服を最大60着収納できるハンガー付きで衣替えもラクにでき、カーテンを閉めれば目隠しもバッチリです。
ブラウンの木パネルで囲まれているので外から見えにくく、ゆったりくつろげます。

ヴィエント アイアンベッド シングル 税込21,800円

アイアンと木、2つの異素材を組み合わせてヴィンテージ風に仕上げたデザインベッド。
ベッド下には取り外しが簡単にできる4杯の引き出し付きで、収納家具としての機能性にも優れており、寝室をすっきり見せたい方にもおすすめです。

レザーベッド ハイバック 高さ2段階調節 シングル 税込32,184円

フロアベッドにもなる高さ2段階調節式のレザーベッド。
キルティングが施されたヘッドボードは、もたれかかってのんびりくつろぎたいときにもぴったりで、20mmのウレタンが入っているのでソファ感覚でお使いいただけます。

背面も高級感のあるレザー張りなので、寝室の広さに合わせてお好きなレイアウトが楽しめます。

エレガントなハイバックレザーベッド ダブル 税込71,800円

高級ホテルを思わせるかのような上品で高級感のあるPVCレザーベッド。
ハイバックタイプのヘッドボードはエレガントな印象のキルティング仕様でボリュームたっぷり。
床板はマットレスに湿気がこもりにくいすのこ仕様なので、寝心地も快適です。

この記事を書いた人:kawase

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ

お気に入りに登録した商品