> TOP neruco Note 木製ベッドは天然木ベッドと天然木じゃないベッドどっちがいい?メリットデメリット

2018.05.23
木製ベッドは天然木ベッドと天然木じゃないベッドどっちがいい?メリットデメリット

izumi

717 views

こんにちは。

本日は木製ベッドフレームの材質についての記事です。

木製ベッドといっても、日本製/海外製問わず、
天然木やらMDFなど様々な表記があり、
何が違うのか、どれがいいのか分からない方も多いと思います。

ベッドの材質は、じっくり説明させていただこうとすると、
かなり細かく長くなるため、今回はおおまかにざっくりですが
参考になれたら幸いです。

木製ベッドフレームは主に2種類あります


木製のベッドフレームには、加工した天然木を使用したものと、

天然木ではなく、MDF(繊維板)やパーティクルボードと呼ばれる、
木を細かくして圧縮し固めた材の表面に天然木を薄くスライスした突板や
木目を印刷したプリント紙を貼って化粧をしたものがあります。

もし天然木のベッドをお求めの場合、
商品名や画像に、天然木!と入っていても、
表面だけ薄い天然木の板で、中はそうではない、
チョコに例えるとキットカットやクッキーチョコみたいなものもあります。

天然木ベッドフレームの特徴やメリットとデメリット

メリット
天然木を使用したベッドフレームの魅力は、
なんといっても天然木ならではのナチュラルなあたたかみや素朴さ、
高級感、有機的な雰囲気を味わえることです。

そして、天然素材であるが故に製品一つ一つの表情が異なるのも魅力的です。
同じものは二つと無い、自分だけのベッドになります。
これらはベッドを始めとした家具のみならず、家などにおける建材でもよく言われますね。

パイン材やひのきなど、天然木の種類によって傷の付きやすさや耐久性、
色の変化の度合い等が異なりますが、
たとえ傷が付いたり色が変わっても、味わい深い経年変化として受け入れることができます。

デメリット

メリットでご紹介した表情の違いや経年変化も、デメリットとして感じる方も当然いらっしゃいます。
天然素材故に、曲がっている、木目のイメージが違った等、品質に少々バラツキが出たり
天然木の種類にもよりますが、例えば、よく使われるパイン材は天然木の中でもやわらかく
加工がしやすいゆえに傷もつきやすいのです。

天然木ならではの節(ところどころにある焦げ茶色の斑点)が気になる方もいます。
実は天然木というのは、節の無いあるいは少なく上等で高価な部分は、
家などの建材やピアノ等の材料に回されるため、どうしても節があるものが
家具に使われるものなのです。

天然木はコストの問題で面積や加工に限りがあるため、天然木でないベッドに比べると
ベッドの種類の選択肢は少ないです。
また、革製品等でもそうですが、天然素材のため、使用面積が増えるほど価格も高いです。

天然木じゃないベッドフレームの特徴やメリットとデメリット

メリット
ベッドの種類にもよりますが、天然木ベッドに比べると価格は安くなります。
なので頻繁に買い替えたり、天然木にこだわりが無い場合はこちらの方がコスパはいいと思います。

加工のしやすさから、品質のバラツキが天然木に比べると少なく、均一的です。
ベッドの種類自体も天然木ベッドに比べると多く、
シンプルなすのこベッドから収納ベッド、跳ね上げ式ベッドやシステムベッドまで、
天然素材にこだわりが無ければ選択肢は豊富です。

見た目では、近年は印刷される木目のデザイン技術があがっていることもあり、
高級ホテルのベッドのようにモダンでおしゃれな印象に仕上がっているものもあります。

また、天然木に比べると、日光による色の変化も少ないです。

デメリット
見た目の問題として、ものにもよりますが、
近くで見るとやはり天然木に比べ安っぽく感じることがあります。

また、傷がつくと剥げた部分が白くなるため、破けた障子のような印象の悪さがあります。

天然木ベッドと天然木じゃないベッドどっちがいいのかのまとめ

私の考えでは、
天然木のメリットは天然木ならではの上質さや表情の違いが味わえることで、
デメリットは価格が高く、ベッドの種類が少ないこと。

天然木ではないベッドのメリットはコスパが良くて均一性があり、種類も豊富なこと。
デメリットは見た目が安っぽく、傷がついた時の印象が悪いこと。

というような印象です。

最初に紹介した、MDFやパーティクルボードに天然木の突板を貼ったベッドであれば
中身は天然木ではないですが、その代わり品質の均一性が高く、
天然木ならではの味わい深い表情が楽しめますね。

ベッドは天然木にしろ、そうでないにしろ、どのみち価格が高く、
一時的でもお部屋の面積をたくさんとってしまう買い物になるため、
材質表記欄をよく見て購入を決めるのが重要です。

迷ったら、普段ご自身が使われている衣類や財布/バッグ等の小物は
天然素材が多いか、そうでないものが多いか振り返って自分に合った方を、
ベッドでも選ぶようにすると良いかもしれませんね。

この記事を書いた人:izumi

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ

お気に入りに登録した商品