> TOP neruco Note ローベッドのメリットと選ぶ時のおすすめポイント

2019.04.11
ローベッドのメリットと選ぶ時のおすすめポイント

hirai

713 views

ローベッドとは、その名の通り「ベッド高が低い」ベッドのこと。しかし、ただ低いだけがローベッドの特徴ではありません。購入する商品のメリットやデメリットを知っておかなければ、後々後悔する場面もあるでしょう。
今回は、ローベッドの種類や特徴をまとめつつ、購入検討中の人のためにベッド通販専門店nerucoおすすめのローベッドをご紹介いたします。

ローベッドには2つに分類できる!それぞれの特徴まとめ

ローベッドと言っても、微妙に形状が異なります。具体的に、筆者hiraiは以下の2種類を総称してローベッドと呼んでいます。

三種類のローベッドとそれぞれの特徴

  • フロアベッド:脚がなく、「ベッドの高さ=マットレスの高さ」となるベッド
  • ステージベッド:脚はあるが高くはなく、また幅にゆとりのあるベッド
  • 他にも、すのこなどのパネルを組み合わせて作る「パレットベッド」もありますが、今回はこの2つをローベッドと定義し、お話しを進めていきます。

    フロアベッドとステージベッド、それぞれ特徴は?

    フロアベッドの特徴は「低い」「安い」「掃除しにくい」


    フロアベッドは「ベッドの高さ=マットレスの高さ」となり、ベッドの圧迫感を限りなく0に近づけ、部屋を広く感じさせてくれるのが大きなメリットです。余計な部位がなく、ほぼベッドフレームのみの商品なので、他のベッドと比べると価格が安いこともポイントです。

    しかし、ベッド下に「空気の通り道」がないので、マットレスにカビが発生しやすい恐れがあります。それゆえに、ローベッドを選ぶ時は、「床とマットレスの通気性をチェック」し、フレームやベッドの床板は「すのこ」を使用しているものを積極的に選ぶことをおすすめします。そうすることで、ある程度の湿気対策が期待できるでしょう。

    また、床にぴったりついているので「掃除がしにくい」こともデメリットの一つです。ベッド下は特にほこりや湿気がたまりやすいので、面倒でもこまめに掃除しましょう。

    ステージベッドの特徴は「高級感」「防湿効果」「広い」


    ステージベッドも、部屋を圧迫しない低さが特徴ですが、床板に脚がついている点がフロアベッドと異なります。脚があると高級感と重量感が増し、高さがあることで、「湿気」を防ぎます。
    また、ステージ上はマットレスよりも若干広めに作られていることが多く、厚みがあるマットレスを使用してもゆったりとした空間を演出してくれます

    しかし、フロアベッドと比べるとパーツ数が多いため若干値段が高くなります。湿気対策やステージ上の広さなどの条件を考慮して、予算に問題がなければ、ステージベッドをおすすめします。

    湿気対策にも!nerucoおすすめのステージベッド

    STACY ステージベッド 21,800円


    床面高11.5cmと非常にコンパクトなステージベッドで、サイズの大きいマットレスを使用しても、圧迫感の心配がありません。少し大きめに作られているので、床板部分をサイドテーブル代わりに使えて便利です♪ヘッドボードには時計などの小物が置けるスペースも確保。
    こちらのベッドフレームに使用されている「桐」は木目が非常に美しく、「防湿効果」も抜群です。

    2種類のカラーバリエーションと6種類の大きさがあるので、お部屋に合ったステージベッドが選べます。

    おしゃれなベッドを多数ご用意!ベッドを買うならベッド通販専門店nerucoで

    nerucoでは、豊富な品ぞろえの中からお客様のご要望にぴったり合ったベッドをお選びいただけます。
    ベッドの購入時につきものの組立作業を配達業者が請け負う、「開梱・組み立てサービス」を行っているので、お子様や女性、ご年配の方しかいないご家庭でも安心してご購入いただけます。

    ベッドでお悩みの方は、ぜひ8000点以上の商品を取り扱うベッド通販専門店nerucoでお選びください!

    関連記事

    【新商品】ローベッドでお部屋の空間を広く!北欧風天然木ベッド
    置くだけでおしゃれ!デザインがおすすめな「すのこベッド」4選
    すのこベッドに合うのは?布団VSマットレス
    すのこベッドを買う前に知っておくべき特徴とポイント

    この記事を書いた人:hirai

    作成者が書いた他の記事を見る
    ページトップ

    お気に入りに登録した商品