> TOP neruco Note シングルベッドにふたりで寝るのはアリか?ナシか?

2019.07.07
シングルベッドにふたりで寝るのはアリか?ナシか?

kawase

132 views

寝室のスペースにあまり余裕がなく大きなベッドを置けないご家庭では、シングルベッドで2人で寝るという選択をされることもあるかもしれません。
基本的にシングルベッドは大人1人が寝るのに最適なサイズとして作られているので、ふたりで寝ると窮屈に感じるサイズであることは間違いなさそうです。
ただ、2人の体格によっては狭さを感じたとしても寝られないことはなさそうですし、何よりもシングルベッドにすればスペースに余裕ができるので他の家具を置いたり、部屋を広く見せたりという効果を得ることができます。
ここでは、シングルベッドに二人で寝た時に寝返りは打てるのか、ぐっすり眠れるのかなど、ベッドのサイズと快適に眠れる人数の関係についてお伝えします。

シングルサイズのベッドに二人で寝ても寝返りはうてる?

寝返りがしづらく体に負担がかかることも

一般的なシングルベッドの横幅は95センチ~100センチなので、単純に考えると一人当たりの幅は約50センチです。
男性と女性で多少の差はありますが、成人の肩幅は60センチ程度なのでシングルベッドを二人で使う場合は仰向けに寝るのも困難ということになります。
寝ている時間のほとんどを横向きの姿勢で過ごすことになるので血流が悪くなりがちで、それを解消するためにも自然に寝がえりをうってしまいますが体勢を変えたとしても再び横向き、さらに相手の体をよけようとして不自然に体をひねった寝返りになることもあるので目が覚めてしまう人も多いようです。
ベッドを壁付けしていなかったり、壁付けしていても反対側に寝ていたりした場合は、寝返りの際に腕や足がベッドからはみ出たり、ベッドから落ちてしまうということも考えられます。
寝相が良いので寝返りはほとんどしないという人もいますが、寝ている間なので気づいていないことがほとんどで本能的に寝返りはうつものです。
シングルベッドを二人で使う場合でも寝返りを打つことはできますが、寝返りのたびに起きてしまうという可能性が大きいと言えます。

二人一緒でもシングルベッドでぐっすり眠れる?

別々に寝るよりも快適さは損なわれる

住宅事情のせいで仕方なくシングルベッドを二人で使っているという人いますし、慣れてしまえば気にならないという人もいます。
とはいえ、中にはシングルベッドに二人で寝るようになってから眠りが浅くなった、朝起きたときに体が痛いという人もいるので快適に眠れる人ばかりとは言えないようです。
手足を伸ばしたくつろいだ姿勢で寝づらいことが起きた時の体の痛みの原因だと考えられますが、確かに相手のことを意識して必要以上に体を緊張させたり、手足をぎゅっと縮めてしまったりといったこともありそうです。
また、相手の寝返りのたびにベッドが揺れて目が覚める、自分自身も窮屈な姿勢のせいで寝返りが増えるなど、就寝中に脳がゆっくり休めない可能性もあります。
二人の就寝時間がズレる場合、相手のいびきや歯ぎしりがひどい場合なども眠りを妨げられることになるので、別々のベッド、あるいは大きなサイズのベッドに寝ている時よりも眠りが浅くなるのもシングルベッドに二人で寝るデメリットと言えそうです。

ベッドやマットレスの耐久性にも影響あり

静止時耐荷重だけでの判断は危険

ベッドやマットレスにはどれだけの重みに耐えられるかといった目安になる耐荷重がありますが、シングルベッドは一人で寝ることを想定して決められています。
もちろん、二人で寝たからと言ってすぐに壊れてしまうわけではありませんが、一人分の体重を支えるよりも傷みやヘタリが早くなる可能性は大きいはずです。
一般的なシングルベッドの耐荷重は100キロ~150キロ程度なので、普通の体格であれば2人分の体重を合わせても余裕があります。
ただし、耐荷重は静止している状態の重みを想定しているため単純に100キロ、150キロを2で割った重さと考えることはできません。
余裕をもって計算するとすれば一人当たりの体重は70キロくらいまで大丈夫そうですが、それでもシングルベッドを二人で使うとすれば一人の時よりも耐久性が下がると思っていたほうが良いでしょう。
マットレスも同じで二人分の重みがかかるため早くヘタってしまう可能性は高く、一部だけがくぼんで寝づらさを感じることもありそうです。

二人で寝るのに最適なベッドはダブルサイズ以上

快眠のためにはベッドのゆとりが大事

シングルベッドに二人で寝られるのか、寝返りはうてるのかという問題についての答えは、可能ではあるけれど快適ではないというのが正解のようです。
ベッドは毎日使うもの、就寝は体にも脳にも必要な休息時間であることを考えると、シングルベッドを二人で使うのはお勧めできません。
では、二人で使うならどのサイズのベッドを選べばよいのかというと横幅が約140センチと大幅に広くなるダブルベッド以上、できれば160センチ幅のクイーンベッドがお勧めです。
ダブルベッドなら二人並んで仰向けに寝ることもできますし、二人で寝ることを想定して作られていることも多いのでシングルベッドに比べると耐荷重もアップしており、耐久性も高くなっています。
クイーンサイズの場合は、さらに横幅に余裕があるので体格の大きな人でもゆったり眠ることができ、お互いに気を遣うこともないでしょう。
ダブル、クイーンともにフレームサイズが大きく寝室に置くと圧迫感がありそうですが、シンプルなデザインのものを選べばそれも軽減できますし、逆にベッドが多機能であればナイトテーブルなどを置く必要がないので意外とすっきり見せることもできます。

二人でゆったり眠れるダブル&クイーンサイズのお勧めベッド

■お手頃価格でも満足できるダブルサイズ 幅140cm×195cm

ポケットコイルマットレス付き収納ベッド ダブル  税込47,200円

マットレス付きで5万円以下

ベッドフレームとマットレスで5万円以下の手頃なダブルベッド。省スペースで設置できヘッドボードには薄型の棚とコンセント付きで機能性もバツグンです。

ポケットコイルマットレス付 フロアベッド ダブル

圧迫感のないロータイプ

ポケットコイルマットレス付きで天然木を贅沢に使いながらも価格はお手頃、シンプルなデザインも魅力のダブルベッド。床面高11.5センチのロータイプなので、開放的な寝室でゆったりくつろげます。

耐荷重500kg 棚付き 頑丈タイプひのきダブルベッド

島根県・高知県四万十産の檜を使用

耐荷重500㎏の頑丈な国産ダブルベッド。耐久性も高く、ベッドの軋みが気になる方にもお勧めです。床面は高さ調節可能で布団でもマットレスでもお使いいただけます。

■ゆったりくつろげるクイーンサイズ 幅160cm×195cm

スプリングマットレス付き収納ベッド クイーン

収納・照明付きの多機能ベッド

引き出しや本棚など収納スペースが充実したクイーンベッドです。落ち着いた色使いと木目のデザインで飽きずに長く使え、くつろげる寝室作りにもぴったり。

引き出し収納付き木製ベッド セミシングル×2台

セミシングル2台に分割可能

80センチ幅のセミシングル2台を並べてクイーンサイズのベッドに。スリムに仕上げたヘッドボードには棚とコンセント付きで、スマホなどの充電にも便利です。

ポケットコイルマットレスSSサイズ2枚付きロータイプベッド クイーン

SSサイズのマットレス2枚付き

クイーンサイズのベッドフレームにSSサイズのポケットコイルマットレスをお付けしました。マットレスが分かれているのでお手入れもしやすく、2人で寝た時にも振動が伝わりにくいので気を遣わず眠れます。

この記事を書いた人:kawase

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ

お気に入りに登録した商品