> TOP neruco Note お部屋を広く使うための3つの対策

2018.03.16
お部屋を広く使うための3つの対策

はしもと

1,585 views

部屋が狭いから、存在感のあるベッドは必要ない。
フローリングだから、敷布団で寝たくない。
と、日ごろから悩んでいる人に、オススメの商品です。

単純に、部屋が広ければ、ベッド1台を置くのに悩む必要はありません。
でも、最近の住宅事情はというと、
4.5畳の部屋、6畳のワンルームなど、小さい部屋が増えてきています。

テレビ台を置きたい。
洋服ハンガーを置きたい。
ビーズクッションを置きたい。など置きたいものを全部置くと、

寝るスペースがない・・・
人が通るスペースが狭くなった・・・
と、部屋が狭く感じてしまいます。

そこで、今回は、部屋を有効利用できる商品を紹介いたします。

そもそも、なぜ、部屋が狭く感じるのでしょうか?
それは、狭く感じさせる物が、多く存在しているからだと思います。
一番の大きい存在感のあるものはベッドではないでしょうか。

ベッドは、幅100cm、長さ200cmのシングルサイズが一般的です。
それが部屋に、ずっと置いてあると、どうしても気になってしまいます。

そこで、対策1
使ったら収納してしまう。
ロール式のすのこマットであれば、簡単にまるめて部屋のスミに置いておけます。
ラクに移動もできるので、ゴミやほこりを掃除がしやすく衛生的です。

対策2
マットレスを3つ折りタイプにする。
三つ折りタイプなら、寝る時以外は、簡易ソファーのような使い方もできます。
敷布団でも、敷きっぱなしにせずに、部屋の端に片付けるようにすれば、
お部屋を広く使えます。

対策3
低めのロータイプのベッドならば、お部屋の空間が広く見えます。
おまけに、ロータイプのベッドなら、寝相が悪い方でも安心して使えます。

おまけ情報として、
ロールすのこマットは、「すのこ状」なので、通気性が良く、
湿気対策にも役立ちます。
普段使いでなく、急な来客用のマット代わりとしても、役立ちます。
しっかり睡眠時間をとって、お部屋を有効活用して、過ごしていきましよう。

この記事を書いた人:はしもと

新商品や、お得な情報など、
更新していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ

お気に入りに登録した商品