TOP neruco Note 【DIY】すのこベッドのきしみの原因とは?対処法も併せて紹介!

【DIY】すのこベッドのきしみの原因とは?対処法も併せて紹介!



すのこベッド

43,802 views

この記事を書いた人: 

寝心地が良く、お手入れも簡単ということで、すのこベッドを購入したのは良いけれど寝返りをうつたびにきしむのが気になるという人は少なくありません。

買ったばかりのベッドがきしむとなると不良品なのではと疑いたくなりますが、きしみ音の原因がベッド以外にあることも。
ここでは、どうしてすのこベッドがきしむのか、音を消す対策はあるのか、DIYで対処できるのかについてわかりやすくお伝えします。

 

すのこベッドはなぜきしむ?

すのこベッドに限らず、どんなベッドでもきしみ音が鳴る可能性はあります。
ただ、素材や構造などできしみやすいベッド、きしみにくいベッドがあるのも事実で、すのこベッドは比較的きしみやすいベッドとも言えます。
きしみ音が鳴る原因はいくつか考えられますが、主な原因とされているのは次の3つです。
 

1.すのことベッドフレームの擦れ

ベッドによって違いはありますが、ベッドフレームにすのこの床板を乗せるようなベッドの場合は固定されていないすのことフレームが擦れることでギシギシと音が鳴ることもあります。
ぴったりはめ込んでいるつもりでも、着け外しできる構造になっているということは隙間があるということで、寝返りをうった時に微かに横揺れし、音が鳴ってしまいます。

2.すのこの経年劣化

買ったばかりのすのこベッドではなく、何年も使い続けているベッドの場合は経年劣化によるきしみ音の可能性もあります。
木製のすのこベッドでもスチール製のすのこベッドでも、長く使っているとパーツがすり減ったり、変形したりすることがあり、それによって隙間ができると、きしんでしまいます。
安価なすのこベッドの場合は、集積材が使われることも多いですが、無垢材に比べると耐久性に劣ると言われているので、経年劣化によるきしみが生じた時には買い替えを検討した方が良いかもしれません。

3.ねじのゆるみ

フレームにすのこの床板をはめ込むタイプのすのこベッドの場合、パーツを止め合わせるためにたくさんのネジが使われますが、これらのネジは時間が経つと緩んできます。
ネジが緩むことでパーツとパーツの間に隙間ができ、そこに摩擦が生じてきしみ音がすることもあります。
構造が複雑になればなるほど緩む可能性のあるネジが増えるということになるので、凝ったデザインのすのこベッドの方がきしみやすいと言えるかもしれません。

きしみ音の原因はすのこ以外にも

すのこベッドにもきしみ音の原因はありますが、実はベッドではなく設置している床が原因できしむこともあります。
すのこ以外に考えられるきしみ音の原因は、他にもたくさんありますがここでは床が原因できしみ音がするケースについてお伝えします。

1.床との摩擦で生じるきしみ音

ベッドを置いているのがフローリングのお部屋の場合、床との摩擦できしむことも考えられます。
硬いものと硬いものが擦れあうと摩擦で音が生じますが、ベッドの場合はそれがきしみ音です。
カーペットやラグなどを敷かず、フローリングに直接ベッドを置いていている場合は、きしみ音の原因が床との摩擦で生じている可能性についても考えた方が良さそうです。

2.床の歪みで生じるきしみ音

ベッドは一度設置したら頻繁に動かすものではなく、何年も同じ場所に置きっぱなしということも珍しくありませんが、長く同じ場所に置いていることがきしむ原因の可能性もあります。
重いベッドをずっと置き続けていると、その部分だけに負荷がかかり続けることになるので、いつの間にか床が歪み、それに合わせてベッドが傾くことも考えられます。
傾いたベッドは一方向に引っ張られることになるため、接合部が緩んでしまったり、フレーム自体が歪んでしまうこともあります。
 

きしみ音が気になる時のチェックポイント


ここまで、すのこベッドのきしみ音の原因についてお伝えしてきました。
それを踏まえて、きしみ音が気になる時にチェックしておいた方が良い場所についてお伝えしていきます。
 

1.すのことベッドフレームの接触箇所

ベッドフレームにすのこの床板をはめ込むタイプのすのこベッドの場合、隙間が空きすぎていないかを確認しましょう。
木製のすのこベッドの場合は、長く使うほど木が削れて隙間が広くなりがちです。
使用年数の長いものほど入念なチェックが必要です。

2.すのこ板

すのこは土台となる角材に横板を打ち付けたものですが、角材と横板の両方ともきしみ音の原因になる可能性があります。
そのため、一つずつのパーツをしっかりと見て、ひび割れや歪みがないかを確認することが大事です。

3.ベッドフレーム接合部のネジ

大きなパーツから小さなパーツまで、接合部にはたくさんのネジが使われていますが、こうしたネジは使用中に少しずつ緩んでいきます。

4.床の状態

一度、ベッドを動かして床に歪みがないかチェックしましょう。
見た目だけで判断しづらい場合は、テニスボールやビー玉を転がしてみると歪みがわかりやすくなります。

原因別!すのこベッドのギシギシ音の対策方法

きしみ音がする時にどこを確認すれば良いのかがわかったら、次はそれぞれの原因に合わせたきしみ音対策を取っていきましょう。
 

1.すのことベッドフレームの摩擦

フレームとすのこが擦れてきしみ音が出ていた時の対策は、摩擦が起きる箇所に消音材として布やクッション性のあるテープなどを貼ることです。
摩擦が音の原因であれば布などで摩擦を減らすだけで音も軽減できるでしょう。

2.すのこの劣化

すのこをチェックしてヒビや割れ、歪みを発見した場合は、それがきしみ音の原因となっていることもあります。
小さなヒビ程度であれば木工用ボンドや穴埋め用のパテで補修できますが、完全に割れている、ヒビの長さや幅が大きいという場合は、安全性を考えても買い替えがおすすめです。

3.ネジの緩み

ベッドフレームのパーツなどに使われているネジを確認して、緩んでいた場合はしっかりと締め直しましょう。

4.床の歪みや傾き

置きっぱなしにしたベッドのせいで床が傾いていた場合は、まずベッドの位置を変えましょう。
どうしても設置場所を変えられない時には、高さを調整するための布や緩衝シートを脚の下に敷いておくのも一つの方法です。
また、フローリングの床にベッドを設置している場合、布やフエルトを脚に貼ったり、ラグなどを敷くことでもきしみ音対策ができます。

きしみにくいベッドを選ぶポイント

きしみにくいベッドを選ぶポイントは以下の3つになります。ベッドは長く使うもののため、購入する際はしっかりと確認しておきましょう。

1.素材

ベッドフレームの素材は木製が一番きしみにくいと言われています。
金属製などのフレーム比べると丈夫で耐久性に優れているためきしみにくいです。

2.高さ

高さは低いほどきしみにくいです。ベッドフレームの高さがある分、ベッドの揺れできしむ原因になります。ロータイプのベッドは安定感がありきしみにくいベッドです。

3.構造

ベッドの構造がしっかりしていると、重みや衝撃に耐えやすくなります。
脚の数が多い、重心が低め、床との設置面積が広いベッドはぐらつきにくくなります。

次に、ネルコンシェルジュのきしみにくい丈夫なベッドをご紹介いたします。

丈夫できしみにくいすのこベッド3選

すのこベッドがきしむ原因は色々ありますが、ベッドの構造そのものでもきしみを最小限に抑えることができるので、購入の際にはきしみにくいすのこベッドを選びましょう。
ここでは丈夫できしみにくいすのこベッドを3つご紹介します。
 

静止耐荷重350㎏の頑丈なすのこベッド

一般的なベッドよりも太い、厚さ3センチの極太フレームとすのこを支える極太の横桟を採用。
頑丈なのできしみにくく、ぐっすりとおやすみいただけるすのこベッドです。

18ミリ厚の頑丈設計すのこベッド

すのこの厚みが18ミリもあるので、不快なきしみ音や揺れを最小限に抑えられるすのこベッド。
耐荷重350kgで大柄な男性でも安心して眠れます。

天然木ステージベッド「SYACEY」

床とほぼ同じ高さで安定感のあるステージベッド。
3本のフレームがすのこを支えるシンプルな構造できしみを軽減。
天然木製で耐久性にも優れています。

耐荷重350kg 組立簡単 ヴィンテージ調すのこベッド

シンプルで頑丈な当社オリジナルの天然木すのこベッド「バノン」にアイアン脚タイプが登場!アイアン脚タイプも、木製脚タイプと同様に公的検査機関で静止耐荷重350kgをクリアした頑丈設計で安心!

タブレットスタンド付檜すのこベッド

国産檜材を贅沢に使用。タブレットスタンドやスマホの充電ができる便利なコンセントも付いています。床面の高さはお好みに合わせて3段階に調整してお使い頂けます。

マットレスでも布団でも使いやすい丈夫な檜ベッド

お部屋に圧迫感を与えないシンプルなヘッドレスベッドです。お子様から大人までお使いいただけるシンプルで飽きのこないデザイン。


まとめ

ベッドがきしむのは仕方のないことではあるものの、定期的なメンテナンスで軽減することは可能ですし、きしみにくいベッドを購入することでぐっすり眠ることもできます。
こちらのページでは頑丈できしみにくいベッドを色々とご紹介しているので、ぜひご覧ください。
 

 

※この記事の内容は、投稿日(更新)時点での情報に基づいて書かれています。仕様変更や取扱い終了商品もございます。ご了承ください。

この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人:あびる

ネルコンシェルジュ2号(スリープアドバイザー、電動ベッドアドバイザー資格取得)
ベッド・マットレス・寝具販売30年、(株)インテリアオフィスワン代表の阿比留亮です。
前職からベッド・寝具を仕入れ販売し、2003年、ネット時代の到来を感じ、一念発起。
ベッド・寝具のネットショップ運営会社を設立し、「ネルコンシェルジュ neruco」楽天市場店、Yahoo!店、amazon店、本店をOPENしました。
「ネルコンシェルジュ neruco」では、前職の経験をいかして、
国内・海外の優良メーカーと、ベッド、マットレス、寝具の共同開発・販売を行っています。
ネルコンシェルジュ nerucoのプロダクト指針です。
1、Comfortable 快適性があること
2、Design デザインがよいこと
3、Function 機能性があること
4、Price リーズナブル・プライスであること
5、Quality 品質が確かなこと
6、Environment 環境に配慮すること
弊社は、上記のポイントをふまえ、過剰な広告費を商品原価にふくませたりはせず、
確かな品質を、適正価格で販売する事をモットーにしております。
当社は、まだ認知度は、低いのですが、直近では毎月190万アクセスいただき、
毎月2万余名のお客様にご購入いただいております。
また、2020年からは、レビュー=お客様の声1件に対し、
森林を再生をする活動に寄付をはじめました。

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ
nerucoとは

ネルコンシェルジュ neruco は、
快適な眠りをご提案いたします。

ベッド探しのお手伝いをする「ネルコンシェルジュ neruco」

ネルコンシェルジュの由来は「眠る+コンシェルジュ」

ベッドやマットレス、寝具を扱う専門店としてはネット随一のショッピングサイトです。
楽天店、Yahoo!店、Amazon店での販売実績があり、オープン以降当サイトのみで180,000件以上ご注文いただいております。
最適なベッド、寝具を選ぶことは、睡眠を快適にするだけでなく人生を豊かにしてくれます。

ネルコンシェルジュはお客様のライフスタイルにあわせたベッド選びをサポートします。
お住まいや、睡眠、生活のスタイルは人それぞれ。当然その人にあったベッド・寝具も多種多様です。

ネット通販ならではの豊富な商品数3000点以上の品揃えで多くのニーズにお応えします。
きっとあなたの生活を豊かにしてくれる、ぴったりのベッドに出会えます。

あなたにぴったりのベッドが見つかるお店
3年連続金賞&1位のダブル受賞

3年連続金賞&1位のダブル受賞

おかげさまで2020年・2021年・2022年と3年連続金賞&1位のダブル受賞いたしました。
このような名誉ある賞をいただけましたのも、皆様のご愛顧のお陰と深く感謝しております。
今後とも皆様のご期待に応えられるよう、誠心誠意努めてまいります。

国内メーカーの確かな品質の商品

確かな品質の商品をお届け

絶対バリュープライス、工場直、当社限定商品を販売しております。
ベッド販売25年。四半世紀以上の販売経験を活かし、国内・海外の優良メーカーと、当社限定商品を開発・販売をしています。
工場直で、ネットのみで販売しているため、価値ある商品を、お買い得価格でご提供しております。

ベッドは長く使うものですから、ただ安いだけではなく確かな品質のものを使っていただきたい。

ネルコンシェルジュはお客様に安心してお買い物をして頂くために、全ての商品について1年間保証サービスを実施しています。

安心してお買い物をしていただくために

お客様に安心してお買い物いただくために

家具は頻繁に買うものではないから、購入前に不安に思うことも多いかと思います。

ご注文のお問合せ、配達のお問合せ、組立てについてなど、お気軽にお問合せ下さい。

頂いたご注文は専用システムにて一元管理し、お客様からのご注文が間違いなくお約束した日に届けられるよう対応しています。

ネルコンシェルジュは商品に満足していただくだけではなく、安心してお買い物をしていただけるサービスにこだわりがあります。