TOP neruco Note ロフトベッドって寝心地はどうなの?寝心地を決めるポイントをご紹介!

ロフトベッドって寝心地はどうなの?寝心地を決めるポイントをご紹介!



4,729 views

この記事を書いた人: 

ベッドの中でもロフトベッドは特にサイズが大きく、価格も決して安くはないので失敗のないようにしたいものです。
ベッド購入の決め手は寝心地の良さ、体を休められることが一番大事というのであれば、ロフトベッドの寝心地を決めるポイントをしっかり確認しておかなければなりません。
ここでは、寝心地の良いロフトベッド選びのポイントを詳しくご紹介していきます。

ロフトベッドとは

ロフトベッドは一般的なベッドよりも高い位置に寝る場所があるベッドで、ベッドの床面下を収納家具、デスク、ソファなどが置けるスペースとして確保できます。
高さは色々で全体が1メートルを少し超える程度のものもあれば、2メートル近いものもあり、高くなるほど床面下のスペースが広くなります。
ただし、普通の住宅は天井高240センチ程度なので、あまり高いと天井までの距離が近すぎて、圧迫感があるかもしれません。
上のベッドに上がるための梯子、階段がついていますが、階段の場合は収納を兼ねているものも少なくありません。
ここでは、ロフトベッドの特徴についてご紹介しました。
次に寝心地を決めるポイントはどこなのか、詳しく説明します。

ロフトベッドの寝心地を決めるポイント

ロフトベッドの寝心地を決めるポイントは主に、
・「マットレスの種類」
・「柱の太さ」
・「床面の広さ」
・「梯子か階段か」
・「高さ」
・「棚の有無や形状」
・「設置場所」
を確認しておいた方が良いでしょう。
次にそれぞれのポイントを詳しくご説明していきます。

ロフトベッドにおすすめのマットレス

ロフトベッドで寝る場合、布団でもマットレスでもお好みで使えますが、通常のベッドで使用する厚いマットレスは高さが出すぎて怖いという人もいます。
また、布団を使っていたけれど底付き感がある、寝起きで体がいたくなるという声もあるようなので、できれば薄型で体圧分散効果が高いマットレスを使うようにしましょう。

11センチ厚の薄型ポケットコイルマットレス

点で支えるポケットコイルの反発力が心地良い薄型マットレス。
厚さ11センチなのでロフトベッドで使っても高さが出すぎず安心。
体圧分散効果が高く、底付き感もありません。

ロフトベッドの柱は太いものが安心

ロフトベッドは高い位置にベッドがあるので、それを支えるための柱が寝心地を左右します。
支柱となる柱が太ければ揺れが少なく、寝返りをうっても安心。
動くたびにベッドが揺れて目が覚めてしまうということもなく、朝まで安心して眠れます。
一般的なロフトベッドの支柱は直径50~60ミリで、頑丈さを売りにしているものの場合は、70ミリ、80ミリといった極太の支柱を使用しているものもあります。
また、背面に斜交いの補強板や金具をつけてあるロフトベッドは横揺れが少なく、普通に使っているだけで揺れに悩まされるということはないでしょう。
また、支柱とその他のパーツをつなぐための金具に十分な長さがあるかといって点も確認が必要です。

ロフトベッドのサイズは広めが快適

ロフトベッドの大きはシングルサイズ、あるいはもっと小さなセミシングル、ショートシングルサイズがほとんどですが、体の大きな人もゆったり眠れるセミダブルサイズのものもあります。
ロフトベッドは小さいので成人男性でも体格の良い人は寝られないという声もありますが、探せば大きなサイズのものもあるのでゆったり眠りたい人は大きめサイズのロフトベッドも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ゆったり眠れるセミダブルサイズのロフトベッド

太さ約5.6cm角の天然木の柱で支える頑丈なセミダブルサイズのロフトベッド。
床面の高さは約80cmで収納スペースもしっかりと確保できます。

ロフトベッドの上り下りは階段?梯子?

ロフトベッドは階段か梯子を使ってベッドに上りますが、安定感があるのは階段タイプです。
また、ロータイプなら上り下りする段数が少ないので安心。
お子様はもちろん、毎日上り下りすることを考えるなら、大人でも階段の方がおすすめです。

直径5センチの極太パイプを使用したロフトベッド

オープンラックとしても使用できる階段タイプのロフトベッドは、十分な高さのあるハイタイプなので洋服を掛けられるハンガーポール付き。
クローゼット代わりにも使えて便利です。

ロフトベッドの高さの決め方

ロフトベッドの高さは150センチ以下のロータイプ、150~170センチのミドルタイプ、170センチ以上のハイタイプの3種類に分けられますが、高さによって特徴が違います。

ロータイプの場合は、階段の上り下りが少ない、寝ている時の圧迫感がないというメリットがありますし、ミドルタイプの場合は部屋をほどほどに広く見せられる、十分な収納スペースが確保できる、ハイタイプの場合は床面下を大容量収納として使える、部屋の一部としてソファやテレビなどを置けるというメリットがあります。
ただし、ハイタイプはクーラーの効きが悪く夏は寝苦しいという人もいるので、収納スペースがそれほど必要でない場合はミドルタイプかロータイプがおすすめです。

高さを決める時には、どの程度の収納スペースが必要なのか、ベッドの床面下をどんな風に使いたいのか、具体的にイメージしてから決めた方が良いでしょう。

ベッドを囲う柵は必要?

大人になったら、そうそうベッドから落ちることはないですし、寝相が悪すぎて布団を蹴飛ばしてしまうということも減るかもしれませんが、寝ている時の安全を確保したいのであれば、ベッド周辺の柵が付いているものを選んだ方が良いかもしれません。
ヘッドボード、フットボード、サイドの柵は安全性を確保できるだけでなく、ちょっとした小物が置ける棚を兼ねていたり、コンセントが付いていたりと便利な機能が付いていることも多いので、ベッド回りの手が届くところに色々なものを置いておきたい人は、柵があるものを選びましょう。
少し高めの柵がついていれば、ロフトベッド自体がロータイプでもベッドが囲われている感じがするので、安心して眠れるという人もいるようです。

大人も子供も使えるシンプルな木製ロフトベッド

ベッド下の収納スペースはもちろん、サイドやロフト下にも収納棚が付いたロフトベッド。
高さ約43センチのサイドフレームが布団の落下を防いでくれる、安心・安全設計です。

ロフトベッドのベストな設置場所

ロフトベッドの寝心地はベッド自体の構造、素材だけでなく、お部屋のどこに設置するかによっても変わってきます。
いくら寝心地の良いロフトベッドでも、ベストな場所に設置しなければその良さを発揮できません。
ベストな設置場所の一番の条件は、温度変化の影響を受けにくい所です。
隙間風が入ってくる窓際やドアの近く、エアコンの真下などは冷たい風、あるいは生ぬるい風が寝ている間に当たることで目が覚めてしまうことも考えられます。
部屋の構造でエアコンの直下を避けられない時は、風向きを調整する、風向き調整用のシートをつけるといった対策を取りましょう。
また、ドアや窓の隙間をふさぐ、カーテンは窓をしっかりと覆う長めのものを使うといった対策でも寝心地を良くすることができます。

まとめ

ロフトベッドは見た目がお洒落なものも多く、さらに収納力をプラスできるという機能性の高さでも人気があります。
ただ、普通のベッドよりも寝心地が悪そう、何となく怖いと思っている人がいるのも事実なので、寝心地の良いロフトベッドの選び方を知っておいて損はありません。
こちらのページでは、さらにたくさんのロフトベッドを紹介しているので、お探しの方はぜひごらんください。

 

※この記事の内容は、投稿日(更新)時点での情報に基づいて書かれています。仕様変更や取扱い終了商品もございます。ご了承ください。

この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人:あびる

ネルコンシェルジュ2号(スリープアドバイザー、電動ベッドアドバイザー資格取得)
ベッド・マットレス・寝具販売30年、(株)インテリアオフィスワン代表の阿比留亮です。
前職からベッド・寝具を仕入れ販売し、2003年、ネット時代の到来を感じ、一念発起。
ベッド・寝具のネットショップ運営会社を設立し、「ネルコンシェルジュ neruco」楽天市場店、Yahoo!店、amazon店、本店をOPENしました。
「ネルコンシェルジュ neruco」では、前職の経験をいかして、
国内・海外の優良メーカーと、ベッド、マットレス、寝具の共同開発・販売を行っています。
ネルコンシェルジュ nerucoのプロダクト指針です。
1、Comfortable 快適性があること
2、Design デザインがよいこと
3、Function 機能性があること
4、Price リーズナブル・プライスであること
5、Quality 品質が確かなこと
6、Environment 環境に配慮すること
弊社は、上記のポイントをふまえ、過剰な広告費を商品原価にふくませたりはせず、
確かな品質を、適正価格で販売する事をモットーにしております。
当社は、まだ認知度は、低いのですが、直近では毎月190万アクセスいただき、
毎月2万余名のお客様にご購入いただいております。
また、2020年からは、レビュー=お客様の声1件に対し、
森林を再生をする活動に寄付をはじめました。

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ
nerucoとは

ネルコンシェルジュ neruco は、
快適な眠りをご提案いたします。

ベッド探しのお手伝いをする「ネルコンシェルジュ neruco」

ネルコンシェルジュの由来は「眠る+コンシェルジュ」

ベッドやマットレス、寝具を扱う専門店としてはネット随一のショッピングサイトです。
楽天店、Yahoo!店、Amazon店での販売実績があり、オープン以降当サイトのみで180,000件以上ご注文いただいております。
最適なベッド、寝具を選ぶことは、睡眠を快適にするだけでなく人生を豊かにしてくれます。

ネルコンシェルジュはお客様のライフスタイルにあわせたベッド選びをサポートします。
お住まいや、睡眠、生活のスタイルは人それぞれ。当然その人にあったベッド・寝具も多種多様です。

ネット通販ならではの豊富な商品数3000点以上の品揃えで多くのニーズにお応えします。
きっとあなたの生活を豊かにしてくれる、ぴったりのベッドに出会えます。

あなたにぴったりのベッドが見つかるお店
3年連続金賞&1位のダブル受賞

3年連続金賞&1位のダブル受賞

おかげさまで2020年・2021年・2022年と3年連続金賞&1位のダブル受賞いたしました。
このような名誉ある賞をいただけましたのも、皆様のご愛顧のお陰と深く感謝しております。
今後とも皆様のご期待に応えられるよう、誠心誠意努めてまいります。

国内メーカーの確かな品質の商品

確かな品質の商品をお届け

絶対バリュープライス、工場直、当社限定商品を販売しております。
ベッド販売25年。四半世紀以上の販売経験を活かし、国内・海外の優良メーカーと、当社限定商品を開発・販売をしています。
工場直で、ネットのみで販売しているため、価値ある商品を、お買い得価格でご提供しております。

ベッドは長く使うものですから、ただ安いだけではなく確かな品質のものを使っていただきたい。

ネルコンシェルジュはお客様に安心してお買い物をして頂くために、全ての商品について1年間保証サービスを実施しています。

安心してお買い物をしていただくために

お客様に安心してお買い物いただくために

家具は頻繁に買うものではないから、購入前に不安に思うことも多いかと思います。

ご注文のお問合せ、配達のお問合せ、組立てについてなど、お気軽にお問合せ下さい。

頂いたご注文は専用システムにて一元管理し、お客様からのご注文が間違いなくお約束した日に届けられるよう対応しています。

ネルコンシェルジュは商品に満足していただくだけではなく、安心してお買い物をしていただけるサービスにこだわりがあります。