TOP neruco Note 【ベッドサイズの一覧表】体格やお部屋の広さに合うベッドの選び方

【ベッドサイズの一覧表】体格やお部屋の広さに合うベッドの選び方



44,401 views

この記事を書いた人: 

ベッドは眠りの質を大いに左右する大切な存在です。
マットレスやリネン類の選び方にはこだわりがあっても、快適なベッドサイズについては知らない方も少なくありません。
同じ「シングルベッド」という名称であっても、実はセミシングルサイズもあり、それぞれ大きさが異なります。
何も知らずにコンパクトなベッドを選んでしまうと、体にあっていないためにリラックスできず、眠っても疲れが取れないといった状況も考えられます。
そこで今回は、ベッドのサイズについて詳しくお話ししていきます。
大人が1人で使うサイズや子供用におすすめのベッド、さらに家族で使う場合の使用例を詳しくお話ししていきましょう。
ベッドサイズの一覧表もあるので、大きさに悩んでいる方はぜひチェックしてください。

ベッドサイズの一覧表

各ベッドサイズを一覧表にしたものが下記です。
ベッドサイズの中でも、シングルベッドを知っている方は多いでしょう。
その一方で、セミシングルというサイズもあるので間違えないように注意が必要です。

サイズ 寸法 対応人数
セミシングル 幅80~90cm×長さ195~200cm 1人用(子供、小柄な方)
シングル 97~100cm×長さ195~200cm 1人用
セミダブル 120cm×長さ195~200cm 1人用(ゆったり寝たい方や体格が大きい方)
ダブル 140cm×長さ195~200cm 1~2人用(ゆったり寝たい方、夫婦・カップル)
クイーン 160cm×長さ195~200cm 2人用(夫婦・カップル)
キング 180~200cm×長さ195~200cm 2~3人用(大人+小さなお子様)
ショート 長さ180cm 1人用(160cm以下の方)
ロングサイズ 長さ205~215cm 1人用(180cm以上の方)

基本的にベッドサイズの「ダブル」より大きなサイズになれば、大人2人でもある程度の余裕を感じながら眠ることができそうです。
しかし、家庭によっては夫婦にプラスして、小さな子供と一緒のベッドで寝たい方もいるかもしれません。
大人の体格や子供の年齢にもよりますが、3人以上で眠りたい場合は、「クイーン」以上をおすすめします。
「ダブル」ですと、かなり窮屈に感じ安眠することが難しくなります。

【サイズ別】適しているお部屋の広さ

ベッドのサイズを選ぶときには快適に眠れるかはもちろん、部屋の大きさも考慮する必要があります。
コンパクトなお部屋に大きなサイズのベッドをおいてしまうと、圧迫感を感じるかもしれません。
睡眠の質だけでなく生活のしやすさも考えて、ベッドのサイズを選んでください。
下記の表を参考に、お部屋のサイズにぴったりなベッドを探してみましょう。

サイズ ワンルーム 寝室
セミシングル 6畳以上 4.5畳以上
シングル 6畳以上 4.5畳以上
セミダブル 8畳以上 4.5畳以上
ダブル 12畳以上 4.5畳以上
クイーン 6畳以上
キング 8畳以上

ベッドサイズの「クイーン」と「キング」に関しては大きなサイズのため、特殊なケースを除いてワンルームには適していません。
ある程度の広さを確保していればワンルームであっても「ダブル」までは置くことができるため、広いベッドでゆっくり休みたい方は、ワンサイズアップを検討してみましょう。

<4.5畳にシングルベッドを設置したイメージ>


<4.5畳にロフトベッドを設置したイメージ>

<6畳にシングルベッドを設置したイメージ>

<6畳にロフトベッドを設置したイメージ>

<8畳にシングルベッドを設置したイメージ>

サイズ別の説明

シングルやセミダブルベッドサイズの名称は何となく知っていても、実際にどれが自分に合っているのかは案外わからないものです。
各ベッドサイズの説明と、おすすめしたいポイントをご紹介します。

セミシングル


小柄な方向けの1人用ベッドです。
シングルベッドよりも幅が短く設定されているため、その分お部屋を広く有効に活用することができるでしょう。
コンパクトなワンルームにもおすすめです。

シングル


一般的な1人用ベッドです。マットレス幅は97~100cmが多いです。
標準体型の大人1人でゆっくり休むには、十分なサイズ感でしょう。
一般的なサイズであることから、部屋の間取りもシングルベッドがうまく配置できるよう、設計されている物件もあります。

セミダブル


勘違いされやすいのはセミダブルです。
名称にダブルとはついていますが、基本的に1人用のサイズになっています。
体格が大きい方やゆったりと眠りたい方におすすめです。
シングルサイズのベッドよりも幅が約20cm程度大きくなっただけなので、サイズアップしやすいところからも選ばれています。

 

ダブル


男女大人2人で使用することを想定されたマットレスサイズのベッドです。
ただし、一緒に眠る人が平均的な身長などであれば問題ないものの、平均以上の体格2人で横になるとすると、少々狭く感じることもあります。

 

クイーン


大人2人でもゆったりと眠れるマットレスサイズのベッドです。
どちらか一方の体格が良くても、ストレスなくぐっすり眠ることができるでしょう。
また年齢にもよりますが、子供1人程度であれば一緒に眠ることができそうです。
ただ、クイーンサイズのベッドはそれなりのサイズ感があります。
将来的に分けて使いたい方はセミシングルサイズを2台合わせて、クイーンサイズにして使用するのも良いでしょう。

 

キング


大人2人でも、余裕をもってゆっくりと眠れるマットレスサイズのベッドです。
小さい子供ならば、一緒に眠ることができるかもしれません。

キングサイズのベッドも、設置するには広いスペースを確保する必要があります。
将来的に分割して使用することが考えられるならば、シングルサイズを2台合わせてキングサイズとして使うのもおすすめです。

 

ショート


通常のシングルサイズよりも15cm程度短いマットレスサイズのベッドです。
コンパクトなサイズ感ながらも、身長160cmくらいなら足がはみ出すこともなく、通常のシングルベッドと同じような使用感で眠ることができるでしょう。
余ったスペースにラックを置いたり、チェストチェストを置いたりすることが可能です。
また、初めての子供用ベッドとしても人気があります。
感じることなくベッドで休むことができるでしょう。

 

ロングサイズ


通常のシングルサイズよりも10~15cm程度長いマットレスサイズのベッドです。
身長180cm以上の長身の方は、通常のベッドでは足がはみ出してしまうケースも多々あります。
ロングサイズならば足元まですっぽりと入るため、ストレスを感じることなくベッドで休むことができるでしょう。

 

体格にあったサイズ選びをしましょう。

お部屋の大きさに合わせてベッドサイズを選ぶことも重要です。
しかし、コンパクトなサイズを選んでしまうと体の疲れが取れなかったり、肩こりや腰痛の原因になったりするトラブルもあります。
ベッドサイズの中でも最もメジャーなのが「シングルサイズ」です。
とりあえず迷ったときには、シングルサイズを選べば問題ないという考えている方もいるでしょう。

しかし体格によっては、シングルサイズでは幅がやや不足しているケースも考えられます。
ここでは、個人の体格から見るベッドサイズの選び方について詳しく解説していきましょう。

自分に合うベッドサイズは、「肩幅+40~50cm」

ベッドサイズの選び方の目安になるのが肩幅です。
まずは、自分の肩幅を測ってみましょう。
そしてその肩幅+40~50cmあるベッドならば、ある程度寝返りを打っても快適に過ごすことができそうです。
日本人の成人男女の平均肩幅は約43cm程度だと言われています。
シングルサイズのベッド幅は100cmですから、充分なスペースが確保されているということになるでしょう。

大柄な方はセミダブル、小柄な方はセミシングルと体格で選ぶのでも〇

成人男女の平均肩幅は約43cm程度ではありますが、それよりも大きいようであれば、幅120cmのセミダブルを検討してみると、よりゆったり過ごせるかもしれません。
また、平均よりも小柄な人であれば、ベッド幅80~90cmのセミシングルサイズであっても問題ないでしょう。
身長が160cm以下であれば、従来のベッドよりも長さが15cm程度短いショートベッドもおすすめです。
さらに幅も長さもコンパクトになった「セミシングルショート」というベッドもあるので、自分の体格やお部屋の大きさに合わせて選んでください。

 

高いベッドと低いベッドの違い

ベッドには横になる面積の広さの他にも、高さにも種類があります。
大きく分けると4種類であり、それぞれメリットとデメリットが存在しているので、ベッドを購入する際にはそれぞれきちんと確認しておきましょう。

背が低いベッド(ローベッド)

床面からの高さ:10cm程度

「ローベッド」または「ステージベッド」と呼ばれている種類です。
その名の通り、床との距離が非常に近いタイプです。

・ローベッドのメリット

ほぼ床面と同じ高さであるため、天井までの空間に広がりを持たせることができるでしょう。
開放感があるので、お部屋を広く見せることができます。
また、ベッドから万が一落下してしまっても、ケガのリスクを最小限に抑えることができそうです。

・ローベッドのデメリット

ベッド下にスペースがないため、収納としての利用は不可です。
また床と近いからこそ、掃除をしないとホコリが気になるかもしれません。

 

中くらいのベッド(脚付きベッド)

床面からの高さ:30~40cm程度

ベッドの高さで最も多いのが、床から20~30cm程度です。マットレスをのせると、40~50cmになります。

ちょっと腰掛けたいといったタイミングで、ソファー代わりにするのが心地良く感じるのが、中くらいのベッドだと考えてください。

・中くらいのベッドのメリット

ごく一般的な高さのため、購入する際の選択肢が多くなるでしょう。
素材やデザイン、値段も希望に応じたものを選べます。
また、ソファを置くスペースがないお部屋では、ちょっと腰をかけるときにも使えそうです。

・中くらいのベッドのデメリット

ローベッドと同様に、ベッド下のスペースを収納として使うには少々狭いと感じるでしょう。
また、デザインによってはそもそも収納できなくなっているものもあります。

 

背が高いベッド(収納ベッドなど)

床面からの高さ:40cm程度

高いベッドは床面下に収納スペースが確保されているデザインが主です。
収納スペースが大容量になると、さらに床面からの高さは上がっていきます。
マットレスは、薄い10cmほどのマットレスをのせるほうが、ベッドへの上り下りが楽になります。

・背が高いベッドのメリット

収納力があるため、クローゼット代わりにも使用できるでしょう。
収納が少ないコンパクトなお部屋に住んでいる方におすすめです。

・背が高いベッドのデメリット

収納スペースが広かったり、工夫がされていたりする高機能タイプは、値段が高くなる傾向があります。
また重量もあるので、模様替えのときや引っ越しの手間がかかるかもしれません。

 

ハイベッド(ロフトベッド)

床面からの高さ:110~200cm程度

一般的にシステムベッドやロフトベッドと呼ばれているタイプです。
床面下にデスクや収納家具などが入ります。

・ハイベッドのメリット

床面下に収納やデスクを置くスペースを確保できます。
コンパクトなお部屋に住んでいて、ベッドとソファーを置くのは難しいとあきらめていた方も、ロフトベッドなどのハイベッドならば叶うかもしれません。
広いお部屋に住んでいてもベッドとソファーを一箇所にまとめることができるため、スッキリとした空間づくりができます。

・ハイベッドのデメリット

ベッド部分が天井と近くなるため、圧迫感を覚えるかもしれません。
また、移動や組み立てに手間がかかるため、模様替えや引っ越しが多い方は要注意です。

 

家族で使う場合のサイズ組み合わせ例

幼い子供のいる家族では、全員同じベッドで眠りたい方もいるはずです。
家族で使用する際には子供の成長も考えて、大きなベッドを一つ購入するよりも、複数をくっつけて使うことも多いと思います。
どのサイズを組み合わせるのがベストなのか、さまざまな組み合わせを表にしてみましたのでぜひ参考にしてください。
また、ベッドサイズは子供の年齢や使用する人数にもよるものの、おおよそ160cm~280cmくらいが良いでしょう。

おすすめ組み合わせ例

<シングル×2台(200cm)>

シングル2台を組み合わせれば一般的なキングサイズよりも20cm程大きく、ゆとりを確保できます。
また、設置しやすいシングルサイズなので、子供が一人で眠るようになってからも活用しやすいメリットもあるでしょう。

<シングル+セミダブル(220cm)>

先ほどのシングル2台よりも、さらにゆったりとしたスペースを確保できます。
3人家族なら子供が一人で眠るようになってからは夫がセミダブル、妻はシングル、子供には新しいベッドを買い足すといった分割方法が可能です。

<ダブル+セミシングル(220cm)>

非常にゆったりと眠れる、無理のないスペースを確保できるでしょう。
3人家族なら将来的にはダブルベッドを夫婦で使用して、セミシングルを子供に使うことができます。

<ダブル+シングル(240cm)>3人家族におすすめ

比較的大きい子供であっても、ゆったりと眠ることができます。
将来、ダブルは夫婦で使用して、シングルを子供に使うことができるでしょう。
子供にもシングルを分割することになるので、長く使うことができそうです。

<セミダブル×2(240cm)>

両親+小さな子供が1人~2人いても、非常にゆったりと眠ることができるでしょう。
子供が成長してから分割使用しても、それぞれゆとりのあるスペースを確保できます。

<セミシングル×3(240cm)>

親子で使うときには広々としたスペースが確保でき、さらにその後には3分割して使える組み合わせです。
ただし、セミシングルサイズであることから、分割して使うときには体格が良い人は少々狭いと感じるかもしれません。

<シングル+クイーン(260cm)>

親子で眠っても、ゆったりとしたスペースを確保できる組み合わせです。
分割した後でもクイーンベッドならば、夫婦問題なく使用できるでしょう。
子供が一人なら、将来的にシングルベッドを購入する必要もありません。

<シングル2台+セミシングル1台(280cm)>

夫婦にプラスして、小さな子供2~3人が一緒に眠れるスペースを確保できます。
それぞれ細かく分割できるので、追加で子供用ベッドを購入しないで済む組み合わせでもあります。

<ダブル2台(280cm)>

子供が多くてもゆったりと眠りたいのであれば、この組み合わせがおすすめです。
小さな子供ならば、2~3人いても眠れるでしょう。
分割するときには、ダブルベッド1台を子供部屋に持っていくといった使い方もできま
す。

※ベッドを組み合わせると隙間が出来てしまう問題があります。解決する為の方法を下記記事でまとめていますので一緒にご確認ください。

サイズ展開が豊富なおすすめアイテム

耐荷重約350kgのヘッドレスすのこベッド

耐荷重約350kgのヘッドレスすのこベッド

サイズが【ショートセミシングル、ショート、セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング、ロングサイズ】と豊富にあり当店で人気NO.1のすのこベッドです。耐荷重350kgと頑丈でプレミアムなヘッドレスすのこベッドです。

ホワイト色
ホワイト、ブラウン、ナチュラルの3色

角に丸みがあるので安全
角に丸みがあるので安全♪

円(税込)

多機能で便利に使える収納付きベッド「ZESTO」

多機能で便利に使える収納付きベッド「ZESTO」

収納に便利な2杯の引き出しはキャスター付き。USBポートは1口、コンセント2口の計3口も搭載しているので、スマートフォンなどの充電が枕元で完了します。床板はすのこ仕様で通気性も抜群。

2口コンセント+USBポート付き
2口コンセント+USBポート付き

ホワイトカラーは女性に人気♪
ホワイトカラーは女性に人気♪

円(税込)

木目と、スマートなアイアン脚のヴィンテージ調棚コンセント付きベッド アーヴィング

木目と武骨なアイアン脚が合わさったヴィンテージ調の棚付きベッド アーヴィング

ヴィンテージ調のスタイリッシュなデザインのみならず、スマートな棚に2口コンセント、さらに通気性の良いスノコ床板と、機能性にも優れた木製ベッドです。

木目×ブラックアイアン脚
木目×ブラックアイアン脚

ヴィンテージスタイルでかっこいい
ヴィンテージスタイルでかっこいい

円(税込)

天井までの空間にゆとりを持たせたローベッド「レスター」

天井までの空間にゆとりを持たせたローベッド「レスター」

艶のある塗装で高級感たっぷりのローベッドです。ヘッド部の棚にはLED照明とコンセント付きで、上段の棚はタブレットを立て掛けられるスタンド仕様。寝る前の動画視聴にも便利です。

ホワイトとブラックの2色展開
ホワイトとブラックの2色展開

フレームの高さ11cmのロー設計
フレームの高さ11cmのロー設計

円(税込)

※上記の価格はシングル(フレームのみ)

Lepus(レプス) 棚・コンセント・LED照明付きすのこベッド

Lepus(レプス) 棚・コンセント・LED照明付きすのこベッド

シンプルでやさしい雰囲気のシルエット。LED照明の灯りが枕元をやさしく照らします。足先にゴールドをあしらった2トーンのコンビカラー脚部は、高級感と華やかさを演出します。

LED照明、棚、コンセント1口付き
LED照明、棚、コンセント1口付き

ヘッドボード横にスリムなシェルフがあります
ヘッドボード横にスリムなシェルフがあります

円(税込)

※上記の価格はシングル(フレームのみ)

天然木パイン材を使用したパネルベッド「フェリシア」

天然木パイン材を使用したパネルベッド「フェリシア」

フレームにマットレスを乗せてソファー代わりにも使える便利なパネルベッドは、スペースに余裕のないワンルームにもおすすめ。床板は通気性の高いすのこ仕様で、1年中快適に過ごせます。

フレーム高さ13cmでゆとりある空間を演出
フレーム高さ13cmでゆとりある空間を演出

 一周り大きいフレームで小物をベッド脇に置けます
一周り大きいフレームで小物をベッド脇に置けます

円(税込)

※上記の価格はシングル(フレームのみ)

小さめサイズが選べるロースタイルのデイベッド

小さめサイズが選べるロースタイルのデイベッド

床面の高さを抑えた低床タイプのデイベッド。ベッド&ソファ2通りの使い方ができます。棚が横にあるので、お部屋のレイアウトもしやすいです。

小さめのショートサイズもございます。
小さめのショートサイズもございます。

ブラウンもあります。コンセントの位置は左右選べます。
ブラウンもあります。コンセントの位置は左右選べます。

円(税込)

※上記の価格はシングル(フレームのみ)

サイズ展開豊富なポケットコイルマットレスのご紹介

サイズ展開豊富なポケットコイルマットレス

フレームにマットレスを乗せてソファ代わりにも使える便利なパネルベッドは、スペースに余裕のないワンルームにもおすすめ。床板は通気性の高いすのこ仕様で、1年中快適に過ごせます。

寝返りしても振動が伝わりにくい
寝返りしても振動が伝わりにくい

高級ホテル並みの寝心地をご自宅で
高級ホテル並みの寝心地をご自宅で

円(税込)

※上記の価格はシングル

まとめ

ベッドはインテリアの中でもサイズが大きいだけでなく、1日を癒す大切な存在でもあります。
サイズを選ぶときには慎重に選ぶようにしてください。
ただなんとなくシングルベッドが一般的だからという理由で選択すると、後悔するかもしれません。
小柄な方であれば、セミシングルやショートサイズのベッドを選べば、スペースをより有効に活用することができます。
また、身長が高い方はロングサイズを選ぶことで、毎日ゆったりと眠れるでしょう。
その他にも寝心地ばかりを追求して、設置スペースや高さにも気を配らないと、居心地の悪い部屋になってしまう可能性があります。
さまざまな面から、自分のライフスタイルに合ったベッドを選びましょう。
また、今回ご紹介したベッドサイズ一覧表を活用しつつ、ネルコンシェルジュnerucoのおすすめもチェックしてくださいね。

 




※この記事の内容は、投稿日(更新)時点での情報に基づいて書かれています。仕様変更や取扱い終了商品もございます。ご了承ください。

この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人:あびる

ネルコンシェルジュ2号(スリープアドバイザー、電動ベッドアドバイザー資格取得)
ベッド・マットレス・寝具販売30年、(株)インテリアオフィスワン代表の阿比留亮です。
前職からベッド・寝具を仕入れ販売し、2003年、ネット時代の到来を感じ、一念発起。
ベッド・寝具のネットショップ運営会社を設立し、「ネルコンシェルジュ neruco」楽天市場店、Yahoo!店、amazon店、本店をOPENしました。
「ネルコンシェルジュ neruco」では、前職の経験をいかして、
国内・海外の優良メーカーと、ベッド、マットレス、寝具の共同開発・販売を行っています。
ネルコンシェルジュ nerucoのプロダクト指針です。
1、Comfortable 快適性があること
2、Design デザインがよいこと
3、Function 機能性があること
4、Price リーズナブル・プライスであること
5、Quality 品質が確かなこと
6、Environment 環境に配慮すること
弊社は、上記のポイントをふまえ、過剰な広告費を商品原価にふくませたりはせず、
確かな品質を、適正価格で販売する事をモットーにしております。
当社は、まだ認知度は、低いのですが、直近では毎月190万アクセスいただき、
毎月2万余名のお客様にご購入いただいております。
また、2020年からは、レビュー=お客様の声1件に対し、
森林を再生をする活動に寄付をはじめました。

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ
nerucoとは

ネルコンシェルジュ neruco は、
快適な眠りをご提案いたします。

ベッド探しのお手伝いをする「ネルコンシェルジュ neruco」

ネルコンシェルジュの由来は「眠る+コンシェルジュ」

ベッドやマットレス、寝具を扱う専門店としてはネット随一のショッピングサイトです。
楽天店、Yahoo!店、Amazon店での販売実績があり、オープン以降当サイトのみで180,000件以上ご注文いただいております。
最適なベッド、寝具を選ぶことは、睡眠を快適にするだけでなく人生を豊かにしてくれます。

ネルコンシェルジュはお客様のライフスタイルにあわせたベッド選びをサポートします。
お住まいや、睡眠、生活のスタイルは人それぞれ。当然その人にあったベッド・寝具も多種多様です。

ネット通販ならではの豊富な商品数3000点以上の品揃えで多くのニーズにお応えします。
きっとあなたの生活を豊かにしてくれる、ぴったりのベッドに出会えます。

あなたにぴったりのベッドが見つかるお店
3年連続金賞&1位のダブル受賞

3年連続金賞&1位のダブル受賞

おかげさまで2020年・2021年・2022年と3年連続金賞&1位のダブル受賞いたしました。
このような名誉ある賞をいただけましたのも、皆様のご愛顧のお陰と深く感謝しております。
今後とも皆様のご期待に応えられるよう、誠心誠意努めてまいります。

国内メーカーの確かな品質の商品

確かな品質の商品をお届け

絶対バリュープライス、工場直、当社限定商品を販売しております。
ベッド販売25年。四半世紀以上の販売経験を活かし、国内・海外の優良メーカーと、当社限定商品を開発・販売をしています。
工場直で、ネットのみで販売しているため、価値ある商品を、お買い得価格でご提供しております。

ベッドは長く使うものですから、ただ安いだけではなく確かな品質のものを使っていただきたい。

ネルコンシェルジュはお客様に安心してお買い物をして頂くために、全ての商品について1年間保証サービスを実施しています。

安心してお買い物をしていただくために

お客様に安心してお買い物いただくために

家具は頻繁に買うものではないから、購入前に不安に思うことも多いかと思います。

ご注文のお問合せ、配達のお問合せ、組立てについてなど、お気軽にお問合せ下さい。

頂いたご注文は専用システムにて一元管理し、お客様からのご注文が間違いなくお約束した日に届けられるよう対応しています。

ネルコンシェルジュは商品に満足していただくだけではなく、安心してお買い物をしていただけるサービスにこだわりがあります。