> TOP neruco Note お好みの寝心地が選べる!サータトラストコンフォートマットレス

2019.05.08
お好みの寝心地が選べる!サータトラストコンフォートマットレス

はしもと

116 views

サータ社のトラストコンフォートは、3種類のコイルパターンがあり、自分に合った最適なマットレスをチョイスすることができます。標準的な5.8インチ、ワンランク上位の6.8インチ、高さのある7.7インチがあります。5.8インチでも十分快適な寝心地が得られますが、年齢とともに熟睡できない方や仕事などでストレスがたまりやすい方は、よりホールド感がある6.8インチがおすすめです。また、体格のよい人は安定感がある7.7インチを選ぶとゆったりと眠っていただけます。


トラストコンフォートは、荷重かかる腰部と腰かけることが多いベッドサイドにはハード(f1n)とその他の部分はソフト(f1p)の2種類のコイルを強化した3ゾーンタイプです。この仕様はゾーニング配列と呼ばれ、理想的な睡眠に導く寝姿勢を生み出します。トラストコンフォートは、通気性と体圧分散性が高いZCウレタンを使用しており、熱がこもりやすい背中の部分の通気性と快適性をアップさせる構造になっています。そのため、高温多湿の日本の気候にも適したマットレスといえます。通気をよくするとともに、体を5つのゾーンで支えて体圧を分散させる機能があるので、寝苦しさを感じることが少なく、良質な睡眠が得られます。


マットレスを選ぶとき、硬いマットレスと柔らかいマットレスのどちらが体に良いか、迷う方は多いと思います。人の体はそれぞれ違うため、体格や体調によって適切なマットレスを選ぶことはとても重要なことです。マットレスの硬さや柔らかさは好みにもよりますが、一般的には体重が重めの人は硬めのマットレスが、体重が軽めの人は柔らかめのマットレスが適しているとに言われています。硬いマットレスだと寝返りが打ちやすく、柔らかいマットレスだと体が沈みがちになり寝返りの回数が減ります。適度な寝返りは体のためにはよいというものの、あまりに寝がえりの回数が多いと熟睡できないこともあります。マットレスを選ぶときは体格によって選ぶとともに、好みや健康状態、寝姿勢なども考慮しましょう。暑がりで汗かきの人は硬いマットレスの方が通気性があるため適していますが、寒がりの人は体を包み込む柔らかいマットレスが適しています。また、肩コリや背中のコリ、腰痛などの症状がある人は症状によってマットレスを選ぶと、安眠できます。肩コリや背中のコリが強い場合は柔らかめを、腰痛がある場合は硬めのマットレスを選んだ方が目覚めた時の痛みが軽減されます。サータ社のトラストコンフォートは様々な工夫がされており、自分に合った最適なマットレスを選ぶことができます。ワンランク上の寝心地が、日中の快適な暮らしを約束してくれます。

PICKUP ITEM

この記事で紹介した商品

pick-up-bed

サータ serta トラストコンフォート5.8F 1P パーソナルシングル TrustComfort 5.8インチ ポケットコイルマットレス

¥95,040(税込)

詳細を見る

PICKUP ITEM

この記事で紹介した商品

pick-up-bed

サータ serta トラストコンフォート5.8F 1P パーソナルシングル TrustComfort 5.8インチ ポケットコイルマットレス

¥95,040(税込)

関連商品

サータ serta トラストコンフォート6.8F 1P パーソナルシングル TrustComfort 6.8インチ ポケットコイルマットレス

¥ 105,840(税込)

サータ serta トラストコンフォート7.7F 1P パーソナルシングル TrustComfort 7.7インチ ポケットコイルマットレス 5ゾーン超高集積

¥ 116,640(税込)

この記事を書いた人:はしもと

新商品や、お得な情報など、
更新していきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ

お気に入りに登録した商品