> TOP neruco Note 【兄弟・ゲスト用にも使える】親子ベッドのメリット・デメリット

【兄弟・ゲスト用にも使える】親子ベッドのメリット・デメリット

公開日: /最終更新日:

kawase

343 views

親子ベッドを使用するメリット・デメリット、人気の親子ベッドを厳選してご紹介します。
ベッドの買い替えを検討中の方、親子、兄弟で使いやすいベッドを探している方は、ぜひ参考にしてください。

親子ベッドの特徴とは


親子ベッドは上段と下段の2段に重なったベッドのことで、寝る時には下段のベッドを引き出して使います。
ベッドをスライドさせて横並びで寝られるので親子どちらも安心感があります。

親子はもちろん、兄弟・姉妹・ゲスト用などにも使うことができ、お子様の成長に合わせて下段は「収納」としても使うことができる便利なベッドです。
兄弟、姉妹で使うベッドとしては2段ベッドが一般的ですが、親子ベッドは2段ベッドほどの高さがないので、天井が低いお部屋でも圧迫感なく使えます。
2段ベッドのように階段を上り下りしなくても使えるのが親子ベッドで、一般的なベッドと2段ベッドの良いところを兼ね備えているとも言えるでしょう。

お子様が一人で寝られるようになるまでの見守りにも最適で、通常のベッドを2台並べるよりも省スペースで設置でき、成長後にはベッド+収納のように使うこともできるので、シングルベッドを2台買うよりも効率的で、無駄がありません。
お子様が自分でベッドを引き出して寝る準備をすることができ、自立を促したい時にもおすすめです。

お子様の成長後は収納スペースとして活用

スライド式の大容量収納を確保


一人寝ができるようになりベッド1台で十分になったら、下段の子ベッドを収納スペースとして活用することができます。
ベッド下にすっぽり収まるキャスター付きの収納だと考えればわかりやすいと思いますが、収納ケースなどを乗せても軽くスライドさせられるのでお子様一人でもお片付けができ、衣替えもラクラク。
長尺物や予備の寝具など、収納場所に困るものもすっきりとしまえるので、クローゼットがいっぱいになることもありません。

親子ベッドのメリット・デメリット

<親子ベッドのメリット>

・省スペースで設置できる


ベッド1台分のスペースで2台のベッドが置けるので狭い部屋でも使いやすく、高さを抑えられるので圧迫感もありません。
使う時だけ引き出せばよいので、広々とお部屋を使いたい、お子様の遊ぶスペースを確保したい時にもぴったりです。

・落下の心配がない


2段ベッドは上段からの落下が心配ですが、親子ベッドの場合は上段でも通常のベッドの高さと同じくらいなので、落ちる心配も軽減でき、万が一の時のケガも防げます。

・ベッドメイクが簡単


2段ベッドは布団の上げ下ろし、ベッドメイクが大変ですが、親子ベッドならそれほど負担を感じません。
マットレスを干したい時もすぐに持ち上げることができ、いつでも清潔なベッドで眠れます。

<親子ベッドのデメリット>

・出し入れの手間がかかる


キャスターが付いているので力はいらなくても、毎日ベッドを出し入れするのが面倒という人は多いようです。
出し入れが面倒で出しっ放しになり、部屋が狭くなってしまったというケースもあるようなので、できるだけスムーズに移動できるベッドを選ぶのがポイントかもしれません。

・子ベッドのサイズが小さい


親子ベッドは入れ子式になっているので子ベッドのサイズが小さくなってしまうことが多く、使える寝具が限られたり、お子様の成長後は使えなくなったりすることもあります。

・厚みのある寝具を乗せたまま収納できない


下段のベッドに厚みのあるマットレスを設置すると収納できないことがあります。
マットレスを乗せたまま収納できるか上段ベッドと下段ベッドの間隔をきちんと確認しておいた方が良さそうです。

お子様を安心して寝かせられる人気の親子ベッド3選

親子ベッド選びはお子様の安全性、寝心地の良さ、インテリアとしての機能性など、様々なポイントを比較して選ぶことが重要です。
設置場所や年齢に合うベッド、安心して寝られるベッドを選びましょう。

可動式サイドガード付き 天然木製親子ベッド

寝相の悪いお子様も安心の可動式サイドガード付き。大人になっても使える天然パイン材を使用したシンプルな北欧デザインです。

照明とブックシェルフが付いたすのこ親子ベッド

モダンでスタイリッシュなオリジナルデザインの親子ベッド。LED照明と可動棚式のブックシェルフ付きで収納力もバツグンです。

USBポート付き親子ベッド

モダンでスタイリッシュなオリジナルデザインの親子ベッド。LED照明と可動棚式のブックシェルフ付きで収納力もバツグンです。

我が家にベストな親子ベッドを選ぶために

親子ベッドを選ぶ時には、メリット、デメリットの両方をしっかり理解することが必要で、そのうえで使いやすく、寝心地や安全性、耐久性にこだわったベッド選びをしましょう。
設置場所や成長後の使い方によって選ぶ親子ベッドのタイプやデザインは変わりますし、ベストなベッドは家庭ごとに違うので、たくさんの親子ベッドを比較してみるのがおすすめです。

この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人:kawase

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ