ベッド通販専門店neruco 日本ベッドのブランド紹介

日本ベッド-眠りから暮らしを考える-

日本ベッドは、日本で一番古いベッドメーカーです。

日本ベッドの歴史は古く、1926年、大正最後の夏に創業した、日本で一番古いベッドメーカーです。
世界の要人をお迎えする高級ホテルで、ベルボーイを経験した創業者。現場の厳しい要求と、上質なものづくりの姿勢を培います。
後に、商社のイギリス支店長を務め、欧州諸国のベッド・マットレス工場を視察。
日本に帰国後、満を持して日本発のベッド製造メーカーを創業しました。
以来90年余、単に欧州のコピー品を作るのではなく、日本の気候や家屋に敵う工夫を重ね、日本の気候や日本人の好みを知るメーカーとして、上質な眠り・本当の心地良さについて考えてきました。

マットレスを作る機械開発から始まったマットレス作り

コイリングマシン、ポケットコイルのスプリングをつくる機械、これら全部ゼロから作った日本製・日本ベッドの独自性にこだわった匠の技が光るマットレス。
マットレスの良さはスプリングで決まる。詰め物で感触に変化をつけるメーカーもありますが、日本ベッドはスプリングそのものの線径を0.1mm刻みで変えて、寝心地をコントロールしています。

独自の厳しい製品チェック工程

JIS規格のクリアは当然として、それ以上の検査を行っています。
垂直荷重は100kgで必ず8万回。他にもローリング試験機というローラーをゴロゴロさせる機械で、150kgの負荷をかけて試験します。
片道転がすと寝返り5回分ぐらいの負荷、往復では10回分の負荷になりますが、通常ならこれを5千回やればいいところ、日本ベッドでは1万回行います。

ホテル納品実績

日本ベッドのマットレスは、帝国ホテル、ホテルオークラ、ホテルニューオータニのホテル御三家をはじめ、国内一流ホテルで日本ベッドの製品が愛用されています。

  • 帝国ホテル
  • セルリアンタワー東急ホテル
  • ホテルニューグランド
  • ホテルオークラ東京
  • ホテルイースト21東京
  • 横浜ベイホテル東急
  • ホテルニューオータニ
  • 東武ホテルレバント東京
  • 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • グランドニッコー東京
  • アグネスホテルアンドアパートメンツ東京
  • パークハイアット東京
  • パレスホテル各店
  • 庭のホテル東京
  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • ホテルグランドパレス
  • 山の上ホテル
  • ハイアットリージェンシー東京・福岡
  • メトロポリタンホテルズ各店
  • 万平ホテル
  • グランドハイアット福岡
  • 阪急阪神第一ホテルグループ
  • 星野リゾート( 星のや・界・リゾナーレ )
  • ヒルトン各店

他多数(順不同)

寝心地の主役はマットレス。マットレスの主役はコイル。

日本ベッドのマットレスは、コイルの質・大きさ・数・配列などの違いから、2つのシリーズに分けられています。
絹のようにきめ細かく体を支える「シルキーポケットマットレス」
ほどよい硬さでしっかりとした寝心地の「ビーズポケットマットレス」
体格や寝姿勢、感触などの好みに合わせてお選びください。

「シルキー」と「ビーズ」、 寝心地の決め手はコイルの大きさと数。

静かできめ細やかな寝心地のシルキーポケットマットレス

スプリングの線径を変えて、マットレスの骨格であるバネから作りこまれたマットレス。 敷き詰めたコイルの上に、直接寝られる程のきめ細やかなスプリングが特徴です。

ほど良い硬さでしっかりとした寝心地のビーズポケットマットレス

安定感のある太めのコイルを使用。しなやかなのにしっかりとした、姿勢保持力に優れたマットレス。 体格の大きな方、バネ感のあるしっかりとした寝心地をお好みの方にお勧めです。

シルキーポケットマットレスとは

日本ベッドならではの超高密度構造で作られたマットレス。世界の高級マットレスに負けない、独自の製品を目指し開発されました。 ポケットコイル数は、シングルサイズでなんと1200個!一般的なポケットコイルマットレスと比べて約2倍ものポケットコイルが配置されています。

体を均等に受け止める構造「フレックスアセンブリ」

コイル同士をあえて接着せず、ポケットコイルの上面だけでつないでいます。それぞれのコイルが自由に動くことで、体を均等に受け止めることができるからです。表面の詰め物を薄くするのも、コイルの繊細な動きをきちんと伝えるためです。

身体の動きに対応する美しい「ハニカム配列」

ポケットコイルはあえて整列させず、ハニカム(蜂の巣)のように組んでいます。自然の法則に近い並びで、より多くのコイルを密着させると、睡眠中の複雑な身体の動きにしなやかに対応しやすくなるためです。

当社スタッフが日本ベッドを取材させていただきました!

シルキーポケットマットレスを体感したく、日本ベッドを訪問し、実際に触らせていただいたり、お話を聞かせていただきました。 シルキーマットレスとは、初めて目にするマットレス。どんなマットレスなのでしょうか。楽しみです。

早速ショールームに入り、まず目にしたのは、シルキーポケットマットレスのスプリングの展示品。

・小さいコイルがぎっしり!

展示されたコイルは、一般的なポケットコイルよりも一回り小さく感じました。それもそのはず、寝心地に合わせてバネの線の太さを変えており、一番細いのは1.2mmの細さ。 この線径で作られたコイルは通常サイズよりも一回り小さく、シングルサイズではなんと1200個も使用されているそうです。 同社の標準サイズのポケットコイルマットレスは、シングルサイズでコイル数612個。シルキーポケットマットレスには、約2倍ものコイルが詰められていることになります。

そして面白いのはその配列と構造。通常、ポケットコイルは縦横一列に整列していますが、シルキーポケットマットレスは、交互に隙間なくぎっしりと並べられていました。 また、ぎっしりと並んだコイルを触ってみると、コイル同士は接着されおらず、それぞれのコイルが動きました。 中央部分のフレームでコイルを支え、コイル同士を自由に動かすことで、体を均等に受け止められるよう、あえてコイル同士を接着させていないそうです。

・選べる硬さ3種類

そして、実際にスプリングコイルの上に座ってみることにしました。
シルキーポケットマットレスは、ソフト・レギュラー・ハードと、スプリングの硬さが選べます。

まずはソフトから…。お尻に感じる、柔らかい弾力感。コイルに直接座っているのに、バネのごつごつ感は感じず、きめ細かいスプリングの弾力を感じます。このまま寝ても気持ち良さそうです。
ソフトタイプは身体の凹凸に合わせてコイルが沈みやすいので、横向きで寝る方、やわらかい感触がお好みの方にお勧めされています。
次にレギュラータイプ。ソフトより硬さを感じますが、程よい反発感。こちらは、柔らか過ぎず、硬すぎない、標準的な硬さをお好みの方にお勧めです。
最後に、ハードタイプ。座ってみると、かなりの硬さ!ここに、マットレス本体のように、ウレタンを敷き座ってみると…沈み込みはほぼ感じられません。 ハードタイプは、体格の大きい方や、沈み込みなどによる腰への負担が心配な方など、硬めをお好みの方にお勧めです。

お好みに合わせて硬さを選べるのも魅力的ですね!

ビーズポケットマットレスとは

線が太く、大きめのコイルがしっかりと体を支えるビーズポケットマットレス。
太めで安定感のあるコイルスプリングがしっかりと体を支え、上質な眠りを提供します。
体格の大きい方や、トップアスリートにも愛用されているマットレスです。

硬さの中にも、好みで選べる3タイプの寝心地。

ビーズコイルに、1クラス上の詰め物と伸縮性のある布地を組み合わせたビーズポケットマットレス。3タイプの寝心地をご用意しました。

当社スタッフが日本ベッドを取材させていただきました!その②

シルキーポケットシリーズとは別ラインのビーズポケットシリーズを体験してきました。

ビーズポケットは並行配列で、バネのサイズがシルキーより大きいのが特徴です。 一般的なポケットコイルよりもスプリングを小さくしている為、シングルサイズで612個のコイルを使用しています。 シルキーポケットに比べ『リーズナブル』でありながら、 日本ベッドの『高品質で安定感』のあるしっかりとした寝心地を体感できるマットレスです。

ビーズポケットマットレスにも、ソフト・レギュラー・ハードと、3種類の硬さがありました。


ハードタイプはクッション層にハードフェルトを使っているので跳ね返りが少なく、硬めの寝心地に驚きました。 この寝心地は、仰向けで寝られる方や、硬めがお好みの方にオススメの硬さです。

レギュラータイプはやや硬めのスプリングがしなやかに体を支え、ソフトタイプは柔らかく体を受け止めてくれるという、ビーズポケットの特徴を感じました。 さらにソフトタイプは、凹凸部分を柔らかく支えてくれるので、横向きで寝られる方や女性の方にオススメです。

日本ベッドのマットレスは、このような方にオススメです。

しっかりした安定感のある寝心地を求めている方

ビーズコイルマットレスは、安定感のある太めのコイルを使用。しなやかなのにしっかりとした、姿勢保持力に優れたマットレスです。

身体にあった寝心地をお探しの方

シルキーポケットマットレスは、体格のしっかりした方、横寝をされる方など、寝姿勢や好みに合わせてかたさをお選びいただけます。睡眠中の体の動きにきめ細かく対応できるマットレスです。

国産、高品質志向の方

日本ベッドのマットレスは、コイリングマシン(ポケットコイルのスプリングをつくる機械)もゼロから作りました。部品寸法を厳しくチェックし、テープエッジが必ず真っ直ぐになるような、精度の高いものづくりの技術があると自負しています。日本ベッドは、一人ひとりが「これこそ日本ベッドの品質だ」という高い意識を持って、製品をつくっています。

耐久性重視の方

日本ベッドのマットレスは、長期の耐久性を考えたものづくりをしています。JIS規格のクリアはもちろんのこと、通常の検査より多くの回数を実施しています。

お得な製品をお探しの方

日本ベッドのマットレスは、「耐久性」と「寝心地」を両立させたマットレス。日本ベッド独自の技術がつまったマットレスは、30年以上使われたホテルもある程。耐久性に優れ、長くお使いいただけますので、実質的にはリーズナブルな製品です。

日本ベッド担当者よりメッセージ

スプリングそのもので寝心地を作りこんだ、日本の気候風土に合ったマットレスです。
ポケットコイル式ですが、その細やかさは別次元。繊細かつ安定感ある寝心地を、末永くご愛用頂ければ幸いです。

ネルコは日本ベッド正規販売代理店です。
日本ベッドの高品質な製品を自信を持ってお勧めしています。
お客様に安心して購入、お使いいただくために、充実のサポートと安心のサービスでお届けいたします。
日本ベッド社製品のご購入はネルコで!

ページトップ