> TOP neruco Note 日本の住居環境には、「すのこベッド」がおすすめ

日本の住居環境には、「すのこベッド」がおすすめ

公開日: /最終更新日:

あびる

マリッカ

730 views

こんにちは、neruco商品開発担当のabiruです。

 

寝床内温度、寝床内気候という言葉を、ご存知でしょうか。

寝床内温度、寝床内気候とは、人が寝ている布団内の温度、環境をいいます。

 

熟睡するための第一歩は、快適な寝床内温度、寝床内気候をつくることで、人が快適だと思う寝床内温度、寝床内気候は、温度33度、湿度50%といわれています。

 

温度は、寒いと布団を重ねたり、暑いと薄い布団に変えたりすると思いますが、問題は、湿度です。

 

熱帯夜の不快な原因は、この湿度になります。

暑い→汗をかく→寝具が蒸れる→不快

寝入ったと思ったら、不快で起きてしまうということはないでしょうか。

これは、人は深い眠りに入ると汗をかくためで、この汗が、蒸れの原因となり、寝床内気候の湿度を上げる原因となります。

 

では、湿度を下げるにはどうすれば、いいかというと、通気をよくすることになります。

 

夏はもちろん、冬も、こまめに布団をあげ、マットレスもあげることにより、寝具の湿気をとばし、快適な寝床内気候をつくることができます。

 

しかし、毎日布団はともかく、マットレスをあげることは、かなりの労力がいります。

 

そこで、寝床内気候を快適に保つためには、「すのこベッド」がおすすめになります。

日本の湿度が高い国では、通気性のよい「すのこベッド」がおすすめになります。

写真は、今月発売しました当店オリジナルのおすすめのすのこベッドです。

 

abiru

関連商品

LYCKA2 リュカ2 すのこベッド シングル 収納ベッド 木製ベッド 引出し付き 照明付き 棚付き 2口コンセント ブラウン ナチュラル シングルサイズ

¥ 26,900(税込)

この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人:あびる

商品開発担当のabiruです。堪能(?)な中国語をいかし、海外、国内の家具工場と、昼は厳しく、夜は楽しく頑張っています。

作成者が書いた他の記事を見る
ページトップ